風俗嬢こそ、「品格」が必要となる。

 あなたの風俗嬢歴はどのくらいですか?

長くなれば長くなるほど、「風像嬢の品格」が必要とされてくるのがこの仕事。

さて、具体的にどのようなことが求められるのでしょうか?

風俗嬢に「品格」もクソもねーだろが。との声が聞こえてきそうですが、いやいやいやいや、風俗嬢に求める殿方のイメージに応えるためにも「品格」が必要となるのです。

女っぷりはどうなのか?

美容院は行っていますか?

ネイルサロンで爪も綺麗にしてもらってる?

たまにはエステで体を磨いてますか?

女っぷり、手抜きしていると周囲にはすぐに分かります。女っぷりと指名率、収入はグラフにすると非常に恐ろしい程に比例します。

手抜き女の指名は少なく、また当然ですが収入もそれなりの底辺風俗嬢となるわけです。

風俗嬢の品格として第一に「女っぷり」が大きな項目となってきます。

腰回りはどうなのか?

上記で「女っぷり」について記述しましたが、その次に大事なのは

「思わず抱き寄せたくなる腰回り」

なのか、どうか?ということです。女性は太るとすぐに腰に現れます。顔に現れる。という人もいますが、実は女性は「腰」を見れば、太った、痩せたの判断は一目瞭然なのです。

怠けた生活を送っていればそれなりのだらしない、その辺のアラサ―女同然の腰回りとなり腰から溢れだすフェロモンもそれなりの量となります。

そして、殿方の「あの女を抱きたい」メーターも限りなくゼロに近づき指名は減り、売上も減り、お店に居づらくなってしまう。という事態になりかねません。

腰回りは銭回りの判断基準でもあるのです。

そして風俗嬢にとっては死活問題的要素を含む風俗嬢の品格の第二の項目でもあります。

フェロモンはでているか?

目で見て、分かりにくいかもしれませんが「フェロモン」それは殿方を誘惑する女だけが醸し出すスパイスです。

誰も、オッサンのフェロモンを出す女を抱きたいとは思わないのです。

フェロモンむんむんのフェロモンで窒息死してしまいそうな女をおちんこびんびんにさせてむしゃぶりつく。それが殿方の醍醐味であり、殿方にとっては自分自身へのご褒美なのです。

そう、風俗嬢の第三の品格の必須項目、それは

「フェロモンがむんむんと出ているか?」

ということなのです。

セックスしたい女であるか?

男性にとって、常にセックスしたい。と思われてこそ、風俗嬢の品格が保たれていると言えます。

日ごろからセクシーで綺麗な風俗嬢で自分の為にあり続けましょう。

関連するキーワード