アナルで感じたり、アナルファックをするにはトレーニングが必要です。
アナルをいじりだしたら即気持ちいいというわけではなく、時間と回数をかけて慣らす必要があります。

でも、そのトレーニングを完了したら、大いなる快感が待ち受けています!

女性が二穴で攻められるために頑張るパターンもありますが、最近はアナルを女の子のように犯されることを夢見る男性も増えてきています。

ということで、初心者がアナルを開発するための第一歩に行うべき方法をお伝えしたいと思います!

いきなり指を入れないで!

「ウンコみたいな太いものを毎日出してるんだし、指一本くらい入れてもなんでもないだろ」と軽く考えていた私です(笑)

しかし、アナルに指を入れられる立場になると、結構コワイらしいです。
指をいきなりズボッと入れてしまうと、恐怖感だけでなく気持ちよくない上に痛みを感じる場合もあると言います。

確かに、熱が高くて座薬入れたりした時って、すごい違和感感じますもんね…。

“出す”という方向の刺激には慣れていても、“入る”という刺激に対しては違和感を感じてしまうのが普通のようです。

まずはほぐしましょう!

指を入れる前に行うのは、丁寧なマッサージです。

本当は、アナルをいじる前には浣腸をして腸の出口らへんの便をキレイにしておく方が良いのですが、浣腸は腹痛を伴いますので、初心者の頃は無理してしなくても良いかもしれません。

でも、男性に明らかに便意があるなら先に済ませるよう声をかけてくださいね。

まず、ローションをお湯につけて温めておき、スキン(コンドーム)の封を数個切って取り出しておきます。

それからスキンを人差し指にはめます。
(ツメが長いのはお尻の中を傷つけてしまいますので、もちろんNGです。)

指サックでもいいですが、コンドームの方が指をつっこまれた時にヒヤッ!と冷たく感じにくいみたいです。

ローションを人差し指に取り、お尻の穴周辺に伸ばしてマッサージ開始です。

穴のまわりをなぞるように指を動かしたり、半円を描くようにしたり、小さな円を描くようにクルクルしたりしてほぐしていきます。

続けていると、筋肉がやわらかくなっていくのが分かります。
慣れないうちは結構時間がかかりますが、根気よくマッサージを続けます。

そうしていると、穴がピクピク動き出したりしてきます。
そうなると神経が集中しているサインで、結構いい感じにほぐれてきていると思って間違いありません。

では!
小指にもスキンをかぶせ、ローションを追加してゆっくりとアナルの中に進んでみましょう。

ここで「気持ちいい?」とか「どんな気持ち?」と聞くと、たいてい「う~ん…」とか「気持ち悪いかも」とか言われますので、聞いてはいけません(笑)
最初はそんなものなのです。

小指に慣れたら、人差し指や中指など入れていきましょう。

無理に指を奥まで入れたり、ピストン運動させてなくてもいいです。
穴の中で指をゆるゆる動かすような感じでOKです。

これがクリアできたら次は前立腺に!

この流れを男性が嫌がることなく受け入れることができれば、次のステップにうつることができます!

でも、ここで排便感がして耐えられないとか、イヤそうな感じが伝わってきた場合は断念した方がよさそうです。

では次は、前立腺のマッサージについてお伝えしたいと思います!

関連するキーワード

kiyoha

キャバクラ・クラブ・ヘルス・デリ・ソープでの勤務経験があります。
ナイトワークをする上で、少しでも役に立つ情報を発信していければと思っています。
こんな時代だからこそ、たくさんお金を稼ぎたいですよね!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング