お店のサイトに載せる自分の紹介分は、たいていは入店時に「う~ん」と適当に書いたものがそのまま載せられます。

お仕事が落ち着いたら、一度見直してみるのも良いですね!

でも、プロフを載せる最初から注意して頂きたいこともあります。
ご自身に当てはまっていないか、チェックしてみてくださいね!

リップをウリにするな!

くちびるが厚いとか、キレイだとかで相当な自信がある場合を除いて、“チャームポイント:ぷるぷるリップ♪”なんてしないでくださいね。

「他にもっとアピールするところ無いのかよ!」となってしまいますので、特に顔出しNGの際はお気を付けください。

明るい雰囲気を心がける

とびきりの美女は、物憂げな感じでもクールビューティーとして評価されるかもしれませんが、エース級の美女でないのであれば、明るいオーラを放つ写真とプロフ内容に仕上げる方が良いです。

もちろん自分のキャラも大切にしなくてはなりませんが、ネットで女の子を選んでいると、美人に目が行くのは当然ですが、明るく楽しそうな感じの子も好印象です。

テンション高めのプロフや日記作りを心がけましょう。

性感帯は正直に書くな!

お客さんを引き付けるために「おっぱいが感じちゃいます♪」とか「アソコが敏感です。。」とか書いた方が「エロい子」だと思われてお得なような気がしますよね。

確かに、ネットでそれを見て「指名しよう!」と思うお客さんもいるかもしれません。
でも、この技は結構キケンなのでオススメはできません…。

実は、性感帯を乳首やマンコにしていると、客がそれをちゃんと覚えていて、執拗に攻めてくる場合があります。

乳首やマンコは、誰もが触りたがる箇所です。
ただでさえこすられ、刺激でダメージを受けやすいところです。
そこをとにかく狙ってこられ、マンコに関してはイクまでガシガシ指を入れられます。
こうなると、その客のことが一気にキライになりますし、仕事にも支障が出てきます。

また、耳や首筋など顔に近いところを性感帯にしていると、ベロベロなめまくられて次の客に付く前に苦労してキレイにしなければなりません。

性感帯は、ダメージを受けにくい部位、そして頭から遠いところにすることをオススメします。
ウエスト・太もも・背中なんかが良さそうですね。

“得意なプレイ”を頑張ってみる

性感帯と同じく、客が注目するポイントが“得意なプレイ”です。

もしあなたが頑張れるのであれば、この部分を少しハード目にすると客寄せ効果があります。

もちろんウソはいけませんので、本当に得意なプレイがあればそれを素直に書いたらいいですが、もし少し特徴を付けたいのであれば、自分が出来そうなプレイを載せておき、練習してブラッシュアップしてください。

まあ、ツラくなればお店に言ったらすぐに書き換えてくれますので、あまり気負わずチャレンジしてみてください。

客から早速「ディープスロート得意なんだって?」と言われたら、「今練習中なんです♪練習してもいい?」と甘えてみるもの良いかもですね!

関連するキーワード

kiyoha

キャバクラ・クラブ・ヘルス・デリ・ソープでの勤務経験があります。
ナイトワークをする上で、少しでも役に立つ情報を発信していければと思っています。
こんな時代だからこそ、たくさんお金を稼ぎたいですよね!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング