私は元々バストがある方ではあるのですが、やけに「胸が大きいね」とツッコまれます。

とは言っても、たかだかE~Fカップなので、そこまでヤイヤイ言われるほどではなく、「そんなにか?」と思っていたのですが、ある時なぜそう言われるのかがわかりました。
多分、バストとウエストの差があるので、サイズ以上に巨乳感が出ていたのでしょう。

服を脱ぐとパイオツよりもほめられるのが、ウエストです。
「くびれがエロいね」とよく言われるのですが、「くびれがエロい?はあ?」といった感じです。

確かにウエストは細ければ細いほど良いですよね!
女子的な考えでは、「ウエストが細いと服もカッコよく着こなせるし」ということですが、男から見たらウエストがくびれているのは「エロい」そうです。

その気持ちはあまり理解できませんが、ウエストが細いと
●胸が大きく見える
●エロい体に見える
という2つのメリットがあることがわかりました。
くびれはなるべく作っておくに越したことがないようです。

そこで、今回はウエストを細くする方法をお伝えしたいと思います!!

脳科学手はくびれがモテを呼ぶ!

脳科学的観点からすると、男はヒップとウエストで女の良し悪しを判断しているそうです。

ヒップとウエストの比率は10:6が理想値です。
例えばヒップが90センチだったとすればウエストが63センチとなり、結構なウエストの細さです^^;

理想値は理想値として、なるべく近づけるようにしていきましょう!

常にヘソを引っ込める

くびれを作るには、正面から体を見た時の体の両側面を引き締めなければなりません。

しかし、ウエストというのはいつも正面から見られるわけではありませんし、まずはお腹のポッコリやゆるみを何とかするのが第一歩です。

ネットで調べると、腹筋を鍛えるエクササイズが山ほどヒットしますが、特別時間を設けてするエクササイズやストレッチは、ハマれば続けられますが、たいていはフェイドアウトしてしまいます。

ですので、特に時間を割かずにお腹をペッタンコにできる方法をとってみてください。
仕事中座っている時、歩く時、お風呂に入る時、リラックスしてテレビを見ている時は常に、ヘソを背中側に引き込むようにして力を入れます。
力を入れるのがツライ時も、なるべくお腹を意識します。

食事中と寝る時以外、できるだけ力を入れるようにしておきます。
一週間くらいマジメに続けると、お腹が引っ込みます。

最初はキツイですが、だんだん筋肉が慣れてきて、自分で意識しなくても気づけばお腹に力が入っている状態になります。

モデルさんは、常にこれを全力でし続けているそうです!

コルセットで締める

下の画像を見てください。
これはフォトショなんかではなく、実在する女性です。

異様なウエストの細さです。
ここまで来ると内臓に影響も出て、健康に良くないですが、この女性は”お風呂に入る時以外はずっとコルセットを着ける”という方法で、ウエストをここまで細くしたそうです。

こんなに効果が出ている人がいるのですから、私たちもうまく取り入れば効果のある方法ではないかと思います。

締めていくことができるタイプのコルセットが便利ですが、ない場合は少し小さめのコルセットを用意して、少しずつ慣らしていきましょう。

この世界一のウエストの細さを目指す女性は、ほぼコルセットをしたままですが、私たちが応用する場合は寝る時は外すようにしましょう。

血行が悪くなるので、冷えや美容のデメリットが心配です!
日中のリラックスタイムなどに頑張っていきましょう。

簡単にでもマッサージする

ウエストをマッサージするのも大切です。
むくむと脂肪が沈着しやすくなるそうです。

オイルやクリームで、背中からヘソに向かって流すようにマッサージしてみてください。

ヴェレダ / ホワイトバーチ ボディオイル

関連するキーワード

kiyoha

キャバクラ・クラブ・ヘルス・デリ・ソープでの勤務経験があります。
ナイトワークをする上で、少しでも役に立つ情報を発信していければと思っています。
こんな時代だからこそ、たくさんお金を稼ぎたいですよね!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング