ピンサロって言葉はよく聞くけど、内容はいまいちわからないですよね。
「風俗で働こう」と思っても、風俗は細かく分かれているので最初の見極めが肝心です。
今回は「ピンサロ」に焦点を当ててご紹介していきたいと思います。

ピンサロって何?

ピンサロとは、ピンクサロンのことをいいます。
法律的には”風俗営業 1号営業 接待飲食等営業”なので厳密には飲食店になります。
個室やシャワーは無く、ついたてや簡易カーテンなどで仕切られた椅子に座り、飲み物を飲みながら嬢におしぼりで性器や手を拭いてもらい、『キス、フェラ、手こき』などをしてもらいます。
『本番はNG』

嬢の胸や性器に触れるのはOK。
69や指入れもOKなところの方が多いです。

ピンサロの選び方

ピンサロは個室のあるヘルスよりも割安で利用できるため、学生やサラリーマンに人気ですが、場所を選ばないとその分嫌なお客さんの相手をすることにもなりかねません。

料金設定が低すぎところは、その分嬢に入るバックも少ないので30分4,500~7,000円ほどの基本料金の所がオススメ。

ピンサロの給料システムは特殊

基本的に風俗店だと、相手をした人数が給料になってきます。
つまり、出勤していてもお客さんが1人も来なければ0円の売上なのです。
しかしピンサロの給料は少し違く、基本的には”時給と歩合”です。
代表的なシステムが2通りあるのでそれぞれ詳しくご説明していきます。

パターン1時給制

A店。
A店の最低時給は2000円です。
しかし、1人のお客さんを相手にするとプラス2000円の歩合給がもらえます。

5時間出勤して5人接客したとすると、時給2000円×5時間の10,000円と歩合5人×2000円の10000円が給料になるので1日の給料は20,000円になります。

パターン2時給&歩合制

B店。
B店の最低時給は2000円です。
歩合はフリー1000円、写真指名2000円、本指名3000円とお客さんの指名の有無で変わってきます。

5時間出勤してフリー3人、写真指名1人、本指名2人の6人接客したとします。
時給2000円×5時間の10000円と歩合3人×3000円、1人×2000円、2人×3000の17000円がもらえる計算なので、1日の給料は27000円になります。

まとめ

自分の営業スタイルに自信があってリピーターがつくようなら、歩合制の制度をしっかり確認しておくことが大切です。
はじめて風俗で働く人や自信がない人は、まずは時給を見てお店を選びましょう。

関連するまとめ

いきり立つペニスのなだめ方

最初っからチンコたってるお客さんっていますよね?

★元風俗嬢トモコ★ / 1987 view

風俗に抵抗があるなら出張アロマエステからはじめてみる?

どうしてもすぐにお金がほしいけど、ピンサロやデリヘルはちょっと怖い・・。 そんな時は出張アロマエステ嬢からは…

つばさ / 78 view

デリヘルで指名をいただく方法~写メ日記を活用しよう~

女の子が自由に投稿出来る写メ日記のメリットをご紹介します♩

kaoruko / 1543 view

デリヘル嬢の必需品、バッグの中は何が入ってるの?

デリヘル嬢というと荷物が多いというイメージがあるかもしれませんが、ほんとうに持ち物ははたくさんあるんです。女…

kaoruko / 7053 view

デリヘル体験談~その1~

デリヘルで経験した素敵なオジサマとの出会いを書いてみました。

youu / 960 view

関連するキーワード