ピンサロって言葉はよく聞くけど、内容はいまいちわからないですよね。
「風俗で働こう」と思っても、風俗は細かく分かれているので最初の見極めが肝心です。
今回は「ピンサロ」に焦点を当ててご紹介していきたいと思います。

ピンサロって何?

ピンサロとは、ピンクサロンのことをいいます。
法律的には”風俗営業 1号営業 接待飲食等営業”なので厳密には飲食店になります。
個室やシャワーは無く、ついたてや簡易カーテンなどで仕切られた椅子に座り、飲み物を飲みながら嬢におしぼりで性器や手を拭いてもらい、『キス、フェラ、手こき』などをしてもらいます。
『本番はNG』

嬢の胸や性器に触れるのはOK。
69や指入れもOKなところの方が多いです。

ピンサロの選び方

ピンサロは個室のあるヘルスよりも割安で利用できるため、学生やサラリーマンに人気ですが、場所を選ばないとその分嫌なお客さんの相手をすることにもなりかねません。

料金設定が低すぎところは、その分嬢に入るバックも少ないので30分4,500~7,000円ほどの基本料金の所がオススメ。

ピンサロの給料システムは特殊

基本的に風俗店だと、相手をした人数が給料になってきます。
つまり、出勤していてもお客さんが1人も来なければ0円の売上なのです。
しかしピンサロの給料は少し違く、基本的には”時給と歩合”です。
代表的なシステムが2通りあるのでそれぞれ詳しくご説明していきます。

パターン1時給制

A店。
A店の最低時給は2000円です。
しかし、1人のお客さんを相手にするとプラス2000円の歩合給がもらえます。

5時間出勤して5人接客したとすると、時給2000円×5時間の10,000円と歩合5人×2000円の10000円が給料になるので1日の給料は20,000円になります。

パターン2時給&歩合制

B店。
B店の最低時給は2000円です。
歩合はフリー1000円、写真指名2000円、本指名3000円とお客さんの指名の有無で変わってきます。

5時間出勤してフリー3人、写真指名1人、本指名2人の6人接客したとします。
時給2000円×5時間の10000円と歩合3人×3000円、1人×2000円、2人×3000の17000円がもらえる計算なので、1日の給料は27000円になります。

まとめ

自分の営業スタイルに自信があってリピーターがつくようなら、歩合制の制度をしっかり確認しておくことが大切です。
はじめて風俗で働く人や自信がない人は、まずは時給を見てお店を選びましょう。

関連するまとめ

デリヘル講習のホントのトコロ!

悪いうわさもいっぱいの風俗講習。 せっかく働こうと思っても、怖い話を聞いたら嫌になっちゃいますよね。 店舗…

RiRi9 / 902 view

男性が喜ぶ2種類の素股技を身に着けちゃおう♪

プレイのテクニックはすべてが完璧じゃなくっても、フィニッシュがいいとお客様の満足度はアップします! 気持ちい…

RiRi9 / 1283 view

デリヘル嬢の方は大丈夫ですか?盗撮されているかもしれませんよ?

自分の知らないところで、自分の濡れ場が流出されていたら・・・

★元風俗嬢トモコ★ / 1320 view

フェラ必須!!デリヘルのお客様が期待するもの

デリヘルを利用されるお客様は何を期待しているのでしょう?

kaoruko / 3075 view

【いろいろな専門店がある】デリヘルまとめ

一口にデリヘルと言っても、デリヘルにもたくさんの種類があります。 どんな種類があるのかまとめていきたいと思い…

つばさ / 453 view

関連するキーワード