性病は色々ア種類があります。
クラミジア、淋病、梅毒などなど。
中には性行為をしていないのにかかってしまうケースもあるのです。
風俗嬢は定期定期に病院で性病検査をしていますが、こんな時は性病になりやすいので注意してくださいね。

体調が悪い時

風邪ひいていたり、病気をしていたり、あるいはストレスが溜まっていたりと、目には見えないけど体に不調を感じているときは、性病の発症リスクが高くなります。
罰金などの関係上から気軽に休めないのは分かりますが、体が弱まっているときは無理をしないようにしましょう。

接客前の事前準備ができていない

接客前にはシャワーを浴びることはもちろん、イソジン、グリンスなどの性病予防策はかならずおこなうことが常識です。
予防法がないお店では働かないようにしましょう。
ピンサロではシャワーの用意はないので、清潔を心がけましょう。

定期検診をさぼっている

良質なお店は、月に1度は提携している産婦人科での性病チェックを義務付けていますが、義務がないお店や半年に1度のチェックでOKという風俗店では働かないようにしましょう。
性病は、粘膜感染する者もあるので、フェラや、患部を触った手で触られたりすると発症する可能性があります。

予防にはなりませんが、定期的に診断に行って自分のチェックを怠らないようにしてくださいね。

まとめ

昔と違って今は、性病も抗生物質ですぐに治ります。
放置していると人に移しますし、症状が悪化してしまうので、なんだか変だと思ったらすぐに受診をしましょう。

関連するキーワード