眉って、顔の印象を決める大事なパーツですよね。

でも、眉って自分目線では何とも難しいものです。
アイメイクが得意という女性は多いですが、アイブロウとチークは「自分に似合う形がわからない…」という人多数です。

後から写真を見て、「え、ちょw私の眉ヘンじゃんか!」と焦ることもありますよね。
やっぱりプロに骨格に合った眉に整えてもらうと、しっくり来るかもしれません。

眉専門サロン アナスタシア

アナスタシアは、私が大学生の時に日本に上陸しました。

その頃は、「眉整えるだけで5千円!?たっか!」と驚いたものです。
でも逆に、「5千円も払うんだったら、イイ感じの眉に仕上がるに違いない」と思い、期待が高まりました。
友達と一緒に予約して、いざサロンに向かったのでした。

当時から10年以上経った今も、施術料金5,000円というのは変わっていないようです。(正確には、税抜の4,800円です)

ええー!な仕上がり

店員さんが骨格を見てテンプレートを選び、ムダな毛をワックスで除去し、最終的に描いて仕上げてくれます。

仕上がって鏡を見た時は、正直後悔しましたねw
「えーおかしいよ!」

友達同士で帰りに、お互い「変だ変だ」と自分の仕上がりを言い合いました。

しかし!
自分の眉は「おかしい」と思っているのに、お互い相手の眉については「え、良いと思うよ?!合ってるよ顔に!」と言っていました。

その当時、日本では細眉+吊り上り眉が全盛だったので、骨格に合わせたナチュラルな眉を「おかしい」と思ったのだと、今振り返るとわかります。

今は、結構ナチュラルな眉毛が流行りですし、「10年経った今再度手入れしてもらったらどう感じるんだろう?」と思い、再度アナスタシアに訪れました。

まあまあいいよね!な仕上がりw

今回は一人でサロンに行きましたが、やっぱり10年前と感想が違いました。

「うん、まあいいんじゃない?」と納得いく仕上がりでした。
骨格は変わっていないので、10年前と同じテンプレートで仕上げた、ほぼ同じ形で完成したのかもしれません。

でも今は、確かに顔に合っていて不自然ではないと感じました。

直線眉が好きな人には向かないかも?

アナスタシアの眉は、基本上がり眉だと言えると思います。

なので、角度を付けない直線眉・困り顔の下がり眉などが好きな場合は「5千円損したぜ!」となるかもしれません^^;

ただ、客観的に見るとやっぱりおかしくはないんですよね。
アナスタシアの仕上がり。

若干海外セレブ風に仕上がる可能性もありますが、眉に悩んでいる方は一度施術を受けてみてください。
新しい美が開くかもしれません!

関連するまとめ

関連するキーワード

kiyoha

キャバクラ・クラブ・ヘルス・デリ・ソープでの勤務経験があります。
ナイトワークをする上で、少しでも役に立つ情報を発信していければと思っています。
こんな時代だからこそ、たくさんお金を稼ぎたいですよね!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング