胃薬を飲む→病院受診

胃薬にも胃を保護するものや、胃酸の分泌を抑えて正常にするものなど、種類があります。

自己判断で市販薬を飲むだけでは、改善しない場合もありますので、早めに病院に行く方が結局安くつくという結果になるかもしれません。

食べ物・食べ方に注意する

当たり前ですが、胃が悪い時は食べ物にも注意しなくてはなりません。

消化の良いものを食べるようにし、揚げ物や肉類は食べないようにしましょう。
胃は生きている限り毎日働いていますので、自分の好きなものばかりを食べていては、薬を飲もうが何をしようが状態は良くなりません。

うどん・おかゆ・消化を助ける納豆・胃に良い大根・かぶ・おくら・山芋・キャベツに頼りましょう。

また、細かく噛んで食べることも忘れずに。
しっかり噛むことで消化促進になります。

キャバ嬢さんにとっては難しいかもしれませんが、お酒も刺激となりますので、できる限り避けるようにしてくださいね。

体を冷やさないようにする

私は秋ごろに胃の調子を崩しやすいのですが、病院に行って先生に言われてとても驚きました。

「冷たいもの飲んでばかりいない?」と。
お茶が好きで、夏の間冷たいお茶を毎日ガブ飲みしますが、秋ごろになるとそこまでキンキンに冷やさないし…と不思議に思っていたのですが、夏にガブ飲みした冷たい飲み物のダメージが、秋に現れるのだそうです!
後から来るなんて、衝撃でしたね!

つまり、胃も冷やすと不調まっしぐら!ということです。
冷たいドリンクをたくさん飲むキャバ嬢さんは要注意ですね。
そして、裸でいる時間が長い風嬢さんもリスクがあります。

胃のためだけでなく、美容と健康にも体を冷やすのはNGですので、気をつけたいものですね。

梅干しを食べる

調子が悪い原因が胃酸過多だと分かっているのであれば、梅干しを食べるのも効果があるみたいです。
胃酸は酸性なので、アルカリである梅干しでバランスを整えるというのが狙いのようです。

まあ、民間療法的な感じであくまでも補助的なものであると捉えておいた方が良さそうですが…。

しかし胃が悪い時に梅干しって、余計に悪化しそうなイメージがありますよね。
次に胃がつらくなった時に思い出せなさそうですw

ずっと胃が悪いなら検査

「なんだかダラダラずっと胃の調子が悪い気がする…」と思ったら、一度病院でピロリ菌の検査を受けてみる方が良いです。

ピロリがいると、胃を荒らすので定期的に調子が悪くなります。
それに、放っておくと最終的に胃がんになる確率が高いです。

検査して発見されたら薬で退治しますが、退治した後も胃が回復するのに時間がかかりますので、なるべく早く対処した方が良いです。

その日に分かる簡易の検査ではなく、数日後に結果がわかるタイプの検査をしてください。
私の母は、一度「ピロリなし」という結果が出たのですが、再度検査すると「やっぱりいる」となりました^^;

若い方でも家族にピロリ菌がいる人がいると移っていることもありますので、思いついたら検査してくださいね!

関連するキーワード

kiyoha

キャバクラ・クラブ・ヘルス・デリ・ソープでの勤務経験があります。
ナイトワークをする上で、少しでも役に立つ情報を発信していければと思っています。
こんな時代だからこそ、たくさんお金を稼ぎたいですよね!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング