”バナナロール”って聞いたことがありますか?
なんだかおいしそうな感じですが、実物を見ると「ゲッ!」となりますw

太ももの背面、お尻との境界線にあるたるみのことを、バナナロールと呼びます。
私にもバッチリありますw

私の場合は太ももが太いので脂肪という要素もあると思いますが、特別太っていなくてもバナナロールはできます。
つまりは、たるみだからです。

私が好きだったヌードダンサーも、いつの間にかバナナロールができてしまっていました…。
本人も「年取ってきたら出てきた」と20代後半で言っていましたが、マッサージしてもなかなか取れないとのことでした。

ダイエットではなかなか改善しません。
筋トレなどもしないよりかはした方が良いですが、直接的な改善方法ではありません。

痩せていてもできてしまうバナナロール、どういう対処法があるのでしょうか?
見られる仕事をしている女性は、できれば早めに気づいて対処しておく方が良いです!

ラジオ波・インディバ

血行を促進し、たるみを改善したり脂肪を燃焼させる効果があります。

マッサージなどと合せて地道に回数を重ねなければなりませんが、痛くもなく気軽に受けられるのが魅力です。

受け続けて冷えがなくなってくると「こんなに熱かったっけ?」と思うようになります。
脚のむくみなども改善してくるので、バナナロールだけではなく全体的なスリミング効果も期待できます。

ちなみにラジオ波やインディバは、肩こりなどにも良いです。
もし時間とお金に余裕があれば、全身受けると良いメンテナンスになります。

脂肪溶解注射

バナナロールはたるみなので、脂肪溶解注射は本当は適しないことが多いと思います。

しかし、例えば脂肪が多いタイプだったりすると効果が出る可能性もありますし、最近の脂肪溶解注射には引き締め効果も備わっているものもあります。(BNLSneoや、輪郭注射など)

注射をするのはそれなりに痛いですし、複数回繰り返さなければならないという面もありますが、ピンポイントで狙えるという点では、良い方法だと思います。

お医者さんのポリシーにもよりけりですので、「バナナロールは脂肪吸引や脂肪溶解注射は悪化するからダメ!」という考え方もあります。

クールスカルプティング

最近勢いが増している”クルスカ”です。

脂肪を凍らせて排出させるという、アレです。
つまめるところであれば、どこでも治療することができます。

施術自体は痛みもほぼなく楽チンなのですが、待ち時間が長いのと施術代金がまあまあ高いことが難点です。

サーミRF

引き締め効果が高いと言われているのが、サーミRF(サーミタイトという施術名のクリニックもあり)です。

しかしこれはちょっと手術的な感じですので、怖いと思う方にはオススメではありません。

細い管を引き締めたい部分に挿入し、直接高周波による熱ダメージを与え、引き締めを図るというものです。

術後結構腫れてダウンタイムが発生することも多いようですので、なるべく最終手段にしたいですね。

関連するキーワード

kiyoha

キャバクラ・クラブ・ヘルス・デリ・ソープでの勤務経験があります。
ナイトワークをする上で、少しでも役に立つ情報を発信していければと思っています。
こんな時代だからこそ、たくさんお金を稼ぎたいですよね!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング