玉舐めって、よくわからないですよね。
私も「とりあえずやってる」という感じでしたw

角度によっても舐めにくかったりしますし、イマイチ「どうやったら男が気持ちいいのかつかめない」という姫さまもいらっしゃるのではないでしょうか?

今回は、玉舐めの基本について、おさらいしていこうと思います。

舌先でなぞるようにつつつー

一番簡単なのが、舌先を使ってキンタマをなぞるように刺激する方法です。

ツバがないとすべりが悪いですので、多めに用意しておいてください。
相手が寝た状態だと、チンコを客のお腹に沿わせるように持ち上げキンタマが見えやすいようにしたら、普通になぞっていきます。

ついでに太ももの付け根や、蟻の門渡りというお尻の穴との間も舌を這わせると感じてもらえ「この時間いる?」とはなりにくいです。

ベロベロ舐める

キンタマ袋の皮膚の分厚さには個人差があります。

薄くてキンタマをすぐに触れる人もいれば、「ぞうみたい!」と思うほどに黒っぽくてゴツイ感じの人もいます。

その皮膚が厚い人に先程の舌先でつーというのは、刺激が物足りないと思われます。
そういう人は、ベロを出して力を加えてベロベロ舐めるようにしてみてください。

これも、唾液が足りないとやりにくいです。

口に含んでくちびるを使う

合う人には一番「気持ちいい」と感じさせることができるのが、口に含んでベロでレロレロ転がしたり、くちびるでハムハムするような刺激の仕方です。

しかしこれは、中には痛がる人もいますので、やっていいかどうかは賭けとなります。

ちなみに、この方法で気持ち良いと感じる男性は、指でムニムニやさしく刺激するのも気持ちいいと感じますので、ベッドでいちゃタイムに触って遊ぶこともできますw

チンコもしごくw

もはや「玉舐めの方法じゃないじゃん!」という感じではありますが、玉舐めは気持ちよさというよりも「そんなところまで舐めてくれるんだ」という客の満足度を上げるための存在ですから、「玉舐めめっちゃ気持ちいい!」と思わせるには開発の期間が必要です。

なので、快感が弱い玉舐めに時間を使いすぎるのもよくありませんから、同時にチンコをしごいたり舐めたりして、わかりやすい気持ちよさをプラスすることも需要です。

関連するキーワード

kiyoha

キャバクラ・クラブ・ヘルス・デリ・ソープでの勤務経験があります。
ナイトワークをする上で、少しでも役に立つ情報を発信していければと思っています。
こんな時代だからこそ、たくさんお金を稼ぎたいですよね!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング