キャバクラってキャピキャピとした印象がありますよね。
そんなときは小熟女キャバクラはいかがでしょうか?
ここでは小熟女キャバクラについてまとめていきたいと思います。

小熟女・熟女って何歳から?

小熟女、熟女、何歳からそう呼ばれるかは人や職業によって違います。
女を売りにしているAV女優などは25~30歳くらいから小熟女、35くらいからが熟女と呼ばれるようなので、キャバクラも同等くらいなのではないでしょうか。

小熟女キャバクラで働きたい人

しかし、25歳前後だと普通のキャバクラで働けばいいのか、それとも小さ熟女で働いた方が良いのか悩みどころ。
それでは、キャバクラよりも小熟女キャバクラに向いている人をご紹介していきたいと思います。

1.キャピキャピが苦手

お店が若い子ばかりだと、落ち着いた雰囲気の25歳前後に人気が出たりします。
しかし、お客さんの層も若くてキャピキャピシして自分には合わないと感じたら、小熟女キャバクラに行くのが良いでしょう。

2.大人の付き合いがしたい

若い子ばかりいるキャバクラだと、お客さんも「いかに金をヤれるか」という考えの人が多いです。
その分小熟女キャバクラだと「いかに愛人にできるか」なので、金銭のやり取りなどもとてもスムーズ。
愛人探しやパパ活がしたい人は小熟女キャバクラの方が相手を見つけやすいと思います。

どちらもOK

お店によってもだいぶ雰囲気が違うので、キャバクラと小熟女キャバクラで分けずに色々と見て回るのも良いかもしれません。
自分に合う雰囲気のお店を見つけてみてくださいね。

関連するまとめ

売れないキャバ嬢がやっている3つのこと

ここでは、売れないキャバ嬢がついついやってしまうNG項目をご紹介していきたいと思います。 「顔やスタイルはい…

つばさ / 241 view

辞めるときにもめずにお店を辞める方法

お店を辞める時ってもめますよね。 今回は、できる限りもめずにお店を辞める方法をご紹介していきたいと思います。

つばさ / 96 view

関連するキーワード