キャバクラで働いたらせっかくだからナンバー入りしたいですよね。
プライドが満たされますし、何よりもお給料がUPします。
ここでは、ナンバー入りできる2つのテクニックをご紹介していきたいと思います。

1.メールアドレスは必ず聞く

女の子は、男性から番号を聞かれるのをまっている節があります。
新人だとなおさら自分からききにくいのかもしれません。
でも、断られたら引き下がればいいだけです。
どんどんメールアドレスやラインを聞いて、連絡を取り合いましょう。

今日暑いですね。水分補給してくださいね。
前に教えてもらった○○をしました!
この前行きたいって話していた○○行ってみませんか?

など相手の興味があることを離していれば必ず食いつくはずです。
継続は力なりですよ。

2.500円でも1000円でも使わせる

人間は、お金を出すとリターンが欲しいものです。
お金を払ったのだから何かを得たいのです。

500円などでもその傾向はあります。
なので、ドリンク1杯でもなんでもお金を使わせるべきです。

そうすると相手は、「お金を使ったのだからこの女をものにしないと損だな」と思いあなたにハマるはず。

3.店外デートはしない

お店に指名で一度も来てくれないのに店外デートをするのは絶対にNGです。
そのタイミングで店外したら、もうお店には来てくれません。
メインはお店なので、店外するとしたらアフターにしましょう。

まとめ

男の人の多くは「顔やスタイル」で女性を選んでいません。
特に既婚者や高齢の人は「自分に尽くしてくれるか」「優しいか」などが基準になる可能性があるので、ナンバー入りも夢ではありませんよ。

関連するまとめ

どちらが得!?売上制orポイント制!自分に合ったキャバクラの働き方

売上制・ポイント制とキャバクラには2つの給料体系が存在します。どちらの方が得なのか悩んでいる方はぜひ参考にし…

つばさ / 663 view

キャバだと思ったらピンサロだった!?虚偽広告の見分け方

「キャバ!お触りなし!高時給!」 そんな広告を見てキャバクラだと思い面接に行くと、キャバではなくピンサロの面…

つばさ / 243 view

タトゥーが入っているとキャバクラで働けないって本当?

タトゥーが入っている女性もとても多くなってきましたね。 しかし、おしゃれ感覚でいれたタトゥーで仕事ができなく…

つばさ / 103 view

【キャバ嬢経費削減術】ドレスレンタルショップを活用しよう!

便利なだけでなく、節約にもなりそうです!

kiyoha / 613 view

関連するキーワード