ヒアルロン酸注入

しわをのばしたりするヒアルロン酸ですが、じつはバストを大きくしたり形を整えたりするのにもつかわれます。
切らないので、傷跡が残らずにダウンタイムが2日程度、わずか20分程度で施術が終わるので大人気のバストアップ方法でもあるんですよ。

ただ、デメリットとしては半年程度しか持たないことと、もまれたりマッサージされるとその分早く持ちが悪くなるということです。

予算は両胸20~40万円ほど。

脂肪注入法

肪注入法とは、自分の体の脂肪を吸引して、バストに注入するという方法でえす。
メリットは、自分が気になる箇所の脂肪をとるので、吸引とバストアップが同時にかなうこと。
自分の脂肪なので、拒絶反応が起きないというのも魅力的です。
デメリットしては、Aカップの人がいきなりDにするような大掛かりなバストアップはできないこと。
ワンサイズアップしたいくらいの方にぴったりです。
予算は両胸40~90万円

豊胸手術

クリニックにより差異はありますが、豊胸手術は人工乳腺バッグを胸に入れる手術です。
近年では、傷跡が残らないものが主流です。
デメリットとしては、挿入したバッグの周りに被膜ができ、不自然な形になる”カプセル拘縮”や、バストにしわがあるようにみえる”リップリング”になる可能性があるということ。

予算はおよそ100万円ほど

まとめ

スタイルが細いのに胸が大きいという奇跡のようなスタイルは自然ではなかなか作ることができません。
胸が小さくてコンプレックスの方は、クリニックという手もありますよ。

関連するまとめ

いろんなお客さん 困った系

どうしても中には、こちらが困ってしまうようなお客さんがいらっしゃるんです。 今回は印象深いお客さんシリーズの…

water-flower / 907 view

関連するキーワード