ナイトワークと一口に言っても、その業種ごとにサービスは大きく違い、接客のコツも違います。

指名を取るということは、成績重視の夜の世界に置いては同じように一番重要な課題となりますが、しかしながら業種が違えば指名の取り方も微妙に違ってきます。

夜にまったく関係のない人からすると「夜の世界」と一括りにされる傾向にありますが、それぞれのフィールドで働く女性たちが、お互いをどのように認識しているか、見ていってみましょう。

キャバ嬢から見た風俗

キャバ嬢は一時期将来なりたい職業にランクインしたことからも見られるように、より一般化しました。

それにより素人が簡単に門をたたき、稼ぐことができます。
素人っぽくても、それを売りにして人気を得ることも可能です。

そうした流れから、キャバ嬢は世間から認められた職業のように思われます。
実際はまだまだ雇用する側にダークな部分が残っていますが、比較的清廉潔白なイメージができました。

そのせいもあってか、キャバ嬢の枕率は昔に比べると下がっていると思います。
「寝て客を取ることは負け犬のすること」という感じですね。

なので、キャバ嬢の中には風俗を下に見る人が多いのは事実です。
「いくら金のためとはいえ、よくやれるよ」という考えです。

しかしながら、お水から風俗に流れるというコースにたどり着く人も一定数おり、キャバと風俗どちらもうまく使い分けるという女性もいます。

クラブ嬢から見た風俗

クラブもキャバもあまり大差がないようになってきていますが、しかしながらやはりクラブの方が客単価が高いということは未だ続いていることでしょう。

客が落とす金額のせいもあってか、キャバ嬢よりもクラブ嬢の方が、客とより親密な関係を結ぶことが多いように思われます。

風俗のように誰とでも、というわけではありませんが、愛人になるというある意味風俗にも似た側面があるのは事実です。

しかしながら、クラブで働く女性は会話力など色々な武器を持っていることが多いですし、単に愛人関係のようなものを結べば売れるというわけではありません。
血のにじむような努力で売上げている方もたくさんです。

よって、「体を使うことについて否定していないけれど、しかし誰でも彼でもっていうのはね…」という感じかなと思われます。

現に私もクラブ時代お姉さんから「ちゃんと相手を選びなさい」とある意味枕を肯定するようなことを言われたことがあります。
キャバでは「あの子枕なんだって!!」だけですからね。

セクキャバ嬢から見たヘルス・ソープ

私の感覚では、セクキャバも風俗の中に入るなと思っているのですが、どうもセクキャバ嬢の中には風俗ではなくキャバであると強く思っている方がいるようです。

そんなセクキャバ嬢さんは「ヘルスとか無理~!ソープとかマジで無理すぎる!」という感じのようです。

確かにお水感が強いのかもしれませんが、キスとかの時間長いしうがいもできないし、私はソープの方がいいですね!w

デリから見たソープ

デリはがっつり風俗で間違いないと思いますが、それでも「基盤あるソープあり得ない!」とラインを引こうとする方がいるようです。

まあ確かに、基盤のありなしは重要と言えば重要ですかね?
私の感覚ではキスよりもはるかにゴムありの基盤の方が相手を遠く感じられるので、デリでがっつりイチャイチャするよりもやっぱりソープを選びますね!w

他業種を蔑んでもメリットは…

自分が就いている業種以外のナイトワークを批判しても、まあ特に意味はないですから、わざわざ口に出さなくても、という感じですね。
人のことを蔑んでも、自分が蔑まれないわけではないですから。

ただ、世間の好奇の目はやはり「キャバで働いてます」よりも「風俗嬢やってます」の方に向けられますので、蔑まれてもしゃあないというか…。
ま、勝手にどうぞwというかたちで、人のことは気にせずにとにかく稼げる時に稼げ!ということですね!

関連するキーワード

kiyoha

キャバクラ・クラブ・ヘルス・デリ・ソープでの勤務経験があります。
ナイトワークをする上で、少しでも役に立つ情報を発信していければと思っています。
こんな時代だからこそ、たくさんお金を稼ぎたいですよね!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング