1.証拠をのこす

ストーカー被害に遭っていても、証拠がないと警察は動いてくれません。
気持ち悪いかもしれませんが、いたずら電話の録音、メールや手紙の保護など証拠物は必ず残しておきましょう。
物に関しては、指紋を調べることもできるので、なるべくベタベタ触らないでおく方が良いでしょう。

2.警察がダメなときは探偵

”付きまとわれている”など、ストーカーの手口が巧妙で、証拠がない場合は、警察が動いてくれない可能性もあります。
そんな時は探偵を雇うのも一つの手でしょう、
探偵が、ストーキングの実態を調査して”証拠”として警察に提出してくれます。
金銭が持った位以内と思うかもしれませんが、犯人から慰謝料をとるときなどは探偵費を上乗せすることもできます。

探偵を雇うときの注意

探偵は、ストーキング行為をしている加害者に対して、ストーキングを止めたりするような行為はできません。
あくまで証拠集めや、自分の周りを見張ってもらって犯人を突き止めるという役割になります。

まとめ

ストーカー被害と甘く考えていては、相手もドンドンとエスカレートしたり、深刻な問題になることが多いです。
深刻化する前に対処しましょう。

関連するまとめ

お客さんを【貢くん】にする方法【プレゼント・現金】

貢がれ上手の女の子ってお店に1・2人いますよね。 中には、キャバクラ辞めても生活していけるんじゃないの・・・…

つばさ / 357 view

【指名したい】と思わせる自撮り方法3つ

写真付きのラインやメールが送られてくると嬉しいお客さんも大勢います。 しかし、印象が悪くなってしまっては意味…

つばさ / 282 view

高級キャバクラに出没する芸能人5選!

高級キャバクラによく出没するという芸能人の噂をまとめてみました!

つばさ / 128 view

売れないキャバ嬢がやっている3つのこと

ここでは、売れないキャバ嬢がついついやってしまうNG項目をご紹介していきたいと思います。 「顔やスタイルはい…

つばさ / 522 view

【本人公認】元キャバ嬢芸能人はダレ!?

芸能人にも元キャバ嬢はたくさんいます。本人が公認している元キャバ嬢をまとめていきたいと思います。

つばさ / 111 view

関連するキーワード