水商売関係の場合

たとえば、キャバクラの裏方や経営に携わる仕事であれば水商売と職業欄に書くのはOKです。
水商売をしたことで、より力になれると面接で発言しましょう。

接客業などの場合

「水商売」とかくとどうしてもあまりよくないイメージがしてしまいます。
接客業で働く場合は、水商売こそ経験を活かせると思いますが、言い方としては水商売ではなく「飲食店」としましょう。
キャバクラが飲食店というのはあながち嘘ではないのです。

友人の紹介など

正社員の場合、水商売で働いていたことがバレてのちのち厄介なことになるケースはあります。
隠し通すようにするか、友人の紹介などデリケートな場合は事前に相談すると安心です。

まとめ

基本的に違う職種に就く場合は、水商売のことは伏せたほうが良いです。
履歴書に書く場合は飲食店としましょう。

関連するまとめ

スナックを経営したいと思ったら覚えておくこと!

キャバ嬢で、将来は自分のお店を持とうと思う人も少なくないはず。 スナックのお店をひらくために、覚えておきたい…

つばさ / 232 view

どっちが儲かる?派遣のキャバクラで登録VSヘルプでいる〈週1~2出勤の場合〉

キャバクラのヘルプと、派遣。どちらがより稼げて自分の働き方にあっているのでしょうか。デメリットメリットで検証…

つばさ / 635 view

「金返せ!」もらったお金は返さないといけないの?【法律】

キャバクラで働いていると、個人的にお小遣いをもらうこともあると思います。 しかし、関係がこじれればお金関係も…

つばさ / 122 view

【キャバクラ】ムカつく客あるある特集

キャバ嬢たちの「ムカつく客」あるあるをまとめました! 暇つぶしに「あるある」と共感してくださいね。

つばさ / 1076 view

男を落とす3大”ギャップ”ランキングベスト3

ギャップが異性を落とすということがなんとなくわかっていても、どのようなギャップを取り入れていけばいいか分かり…

つばさ / 132 view

関連するキーワード