水商売関係の場合

たとえば、キャバクラの裏方や経営に携わる仕事であれば水商売と職業欄に書くのはOKです。
水商売をしたことで、より力になれると面接で発言しましょう。

接客業などの場合

「水商売」とかくとどうしてもあまりよくないイメージがしてしまいます。
接客業で働く場合は、水商売こそ経験を活かせると思いますが、言い方としては水商売ではなく「飲食店」としましょう。
キャバクラが飲食店というのはあながち嘘ではないのです。

友人の紹介など

正社員の場合、水商売で働いていたことがバレてのちのち厄介なことになるケースはあります。
隠し通すようにするか、友人の紹介などデリケートな場合は事前に相談すると安心です。

まとめ

基本的に違う職種に就く場合は、水商売のことは伏せたほうが良いです。
履歴書に書く場合は飲食店としましょう。

関連するまとめ

〈キャバ嬢必見〉確定申告しないとヤバい!?知らないと損する2016年以降、夜の世界の…

マイナンバー制度の導入が決定しましたが、これがお給料に大きく関わってくるかもしれないのをご存知ですか?知って…

つばさ / 832 view

【派遣キャバクラ】3つのメリット

派遣に登録して働く派遣キャバ嬢は、お店に在籍しているキャバ嬢よりも給料面ではデメリットの方が多いです。 しか…

つばさ / 110 view

人気キャバクラ嬢の1日に密着!これであなたもナンバー入り!

人気キャバ嬢の1日をまとめてみました。営業時間や同伴の仕方など、スケジュール管理の参考にしてみてくださいね。

つばさ / 839 view

〈内緒にしておきたい〉同伴出勤をしたいときの5つのテクニック♡

同伴したけど仕方がわからない、なかなかできないとお悩みの方必見の同伴テクニックを紹介します。 難しく考えずに…

つばさ / 846 view

キャバ嬢が【月収80万円以上】を狙うなら10月が決め手!

どうせ同じ時間働くなら、多くお給料が欲しいですよね。 年末年始は忙しいですから、いつもと同じ給料では割に合い…

つばさ / 1189 view

関連するキーワード