声の音量に気を付ける

喘ぎ声を出すポイントとしては、いきなり大きな声を出さないということです。
好きな人と初めてセックスをするときに喘ぎ声を聞かれるのは恥ずかしいですよね。
最初は耐えて、少し声が出てきて、本当に気持ち良くて大きな声が出るといった流れが理想なのです。
急に大きな声を出したり、いつまでたっても喘がないのはNGです。

まずは吐息から

最初に「あん」と声を出すのはNGです。
触られて最初から気持ちいい人はいないので、まずは、「ハァハァ」という吐息からはじめてください。

表情も忘れずに

喘ぎ声の変化と一緒に表情にも変化をつけましょう。

ステップ1:お酒が入ったようなトロンとした目(吐息)
ステップ2:目を閉じて甘えた表情(小さな喘ぎ声)
ステップ3:まくらなどを握りしめて快楽に耐えている表情(少し短めの喘ぎ声)
ステップ4:イクときは、相手を抱きしめて眉をしかめ、イク(大きめの喘ぎ声)

まとめ

男性が盛り上げるには喘ぎ声も重要なポイントです。
AVなどを見ると大げさなのであまり参考にならないので、自分なりのベストを見つけてみてくださいね。

関連するキーワード