沖縄のキャバクラと都内のキャバクラはちょっと事情が違います。
ここでは、何がどのように違うのかご紹介していきたいと思います。

時給が違う

沖縄のキャバクラは、基本的に1人50分4000円の利用料金です。
都会は50分6,000~15,000円ほどなので、上記の金額だと女の子がもらえる金額も少ないのが分かりますよね。
沖縄のキャバ嬢の時給は1,500円ほどなのです。

飲み方が違う

都内だと、ハウスボトルをお客さんが飲んで、女の子は別に有料でドリンクを頼ませてもらいます。
お客さんが有料のボトルを頼んだ時だけ女の子も一緒にいいただくことができます。
しかし、沖縄では基本的に泡盛『残波ホワイト』というハウスボトルを、お客さんと一緒にキャバ嬢も飲むことになっています。
なので、「ドリンクください」と言っても「は?そこにあるの飲んどけ!」となるのです。

もちろんお酒入り

運よく有料でドリンクを頼ませてもらっても、もちろんドリンクにはお酒が入っています。
都内のキャバクラだと、何らかのサインでアルコール抜きのドリンクを頼めることが多いですが、沖縄では通用しないのです。

沖縄ではお酒が強くないと稼げない

沖縄のキャバクラは、お酒が強くないと通用しません。
また、時給も安く、金払いもあまりよくないので、たくさん稼ぎたい人には不向きかもしれませんね。
ただ、友達を増やしたり、ただでお酒が飲みたいという方にはとても向いています!

関連するまとめ

パパ活とキャバクラってどっちがラクなの?

最近パパ活という言葉が流行りだしてきましたね。 素人の女性でも、パパを見つけてお小遣いをもらう女子がたくさん…

つばさ / 84 view

お客さんがストーカーになった時の対処法4つ

いままでは良い仲だったお客さんも、おカネの切れ目と同時にストーカー化することが少なくありません。 ストーカー…

つばさ / 134 view

同伴するときどんな服着てる?

同伴するときの私服ってとても大切です。 お客さんがカジュアルなお店に連れて行ってくれようとしてもジーンズ&T…

つばさ / 257 view

キャバクラ初心者必見!ドレスを買う前の注意点

キャバクラで働きだすとドレスが必要になってきます。 ここでは、ドレス選びの注意点についてまとめていきたいと思…

つばさ / 194 view

【嫌われ者に!】実は女受けが悪い営業スタイル3つ

キャバクラ嬢にはいろいろな営業スタイルがあります。 友達営業、恋人営業、色恋などなど。 でも、こんな営業スタ…

つばさ / 320 view

関連するキーワード