最近では、中国や韓国から来る観光客など、外国人の風俗利用が増えています。

基本的に風俗店やキャバクラなどは”外国人NG”という店がほとんどですが、しかし売り上げのことを考えると日本人だけを相手するよりも、羽振りの良い外国人を入れたいところです。

そういうことで、外国人を通してくるお店も多くなってきています。
もしあなたが外国人客を接客しなければならなくなった時、どう対応するのが良いのでしょうか?

日本の風俗のルールをきちんと理解しているか?

まず確認しておきたいのが、外国人の客が”日本の風俗のルールを理解しているかどうか?”ということです。

ソープであると、客と姫との認識がズレることはほとんどないのですが、デリやヘルスなど非本番系の風俗では、挿入を拒むとトラブルになることがあります。

というのも、海外の風俗には”本番なし”という概念がほとんど存在しないからです。
本番が当たり前なのに、いざ女の子に入ってみると、「手や口だけのサービスです」と言われると「こっちは金を払っているんだぞ!」となるわkです。

客へのルール説明は、当然ながらお店の仕事です。
そこをクリアにできないお店で働いているのであれば、あなたが”外国人NG”にして自分の身を守るようにしてくださいね。

言葉がまったく通じない客はリスク大

やはり言葉の壁は大きく、言葉で意思疎通できないのはトラブルに発展する可能性もあり、あまり対応したくないところです。

こちらに関してもお店に事前に確認しておく方が良いかもしれません。
忙しい時に無理矢理入れてこられ、店に文句を言おうとも「忙しいからとにかく今は乗り切って!」などと適当な対応をされるかもしれません。

基盤に関しては日本人より厄介ではない

ソープの場合は、ある意味日本人よりも外国人の方が扱いが楽な点もあります。

それは、S着でゴネにくいということです。

日本人は危機意識が薄くて、とにかく生にこだわる客が多いです。
特に、性教育をあまり受けなかった中年以降の世代に多いです。
若い世代は、案外性病をちゃんと怖がっています。

外国人だからといって皆に性病の知識があるというわけではないのですが、日本人よりも性病への警戒心が高い場合が多いように思います。

ですから、普通にスキンを着けさせてくれるので、ゴネる日本人よりもスムーズかもしれません。
相手の様子を伺いながら、普通通りに接客を続けて構いません。
客も日本の風俗を知りたいと思っているので、基盤アリであれば細かいことについて文句は言わないでしょう。

外国人でも良い客・悪い客はいる

これは何にでも言えることですが、”外国人だから日本人よりも態度が悪い”というわけではありません。

もちろん国民性とかそういう影響は少なからずあるとは思いますが、日本人でもクソ客は多数いますし、外国人でもクソ客・良客に分かれます。

あくまでも”人による”ので、「外国人の方がS着だし1回戦で満足してくれるしチップくれるしラク!」という場合だってあるのです。

外国人でもチンコは一緒

外国人だからといってチンコが大きくて体に負担が大きい、ということはありません。
確かに黒人となればサイズが大きい場合も多いかもしれませんが、あくまでも人それぞれですから、そこまで心配はありません。

それから、外国人の方がガシマンしない傾向にあります。
しかしながら、一部のマナーが悪い人間は、マンコを乱暴に扱ったりする場合もありますから、お店が毅然とした対応がでるかどうかをチェックしておく方が良いですね!

関連するまとめ

関連するキーワード

kiyoha

キャバクラ・クラブ・ヘルス・デリ・ソープでの勤務経験があります。
ナイトワークをする上で、少しでも役に立つ情報を発信していければと思っています。
こんな時代だからこそ、たくさんお金を稼ぎたいですよね!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング