男性社員の番号をお店に伝えておく

仕事や家の近場で風俗を探すと、会社の同僚がお客さんとしてきてしまうというデメリットがあります。
箱ヘルでは難しいですが、デリヘルであれば「男性社員の番号をお店に伝えておく」と知り合いをはじくことができますよ。
面接の時点でバレたくないことを伝えて、きちんと対応してくれるお店を選びましょう。

金銭感覚が狂わないように

同じ会社であれば、だれがどのくらいお給料をもらっているか把握することができます。

それなのに、ブランド品を持ち歩いたり、急に派手になったりお金遣いがあらくなると「もしかして…」と疑いをかけられる恐れあり。

なるべく金銭感覚が狂わないように生活して、「これどうしたの?」などと言われたときの言い訳を考えておきましょう。

価値観が変わらないように

風俗をはじめると、男性に嫌悪感が出てきてしまう人もいますが、逆に男性へのボディータッチや好かれる話し方などをしてしまう人もいます。

今までと価値観が変わってしまうと余計な勘繰りをされてしまうので、会社内では変わらない自分でいるのが良いでしょう。

信頼していても絶対に言わない

信頼している人だからと、副業の事を話してしまうのは絶対にNG。
その人と自分の関係がどう変わるかなんてわからないし、本当に信頼できるのかも謎です。
隠し続けたいのなら誰にも話さず自分の胸に秘めておくことが大切ですよ。

まとめ

時間や距離の問題で近場で働かなければいけないかたは、ちょっとしたことであらぬ疑いをかけられないように最善をつくしましょう!

関連するキーワード