ソープで働くのであれば素股の勉強は必要ありませんが、基盤なしの業態で働く場合は正しい素股スキルを身につけることが、自分の体を守り効率良く稼ぐために必要です。

今回は初心者さんが間違いがちな素股とマンコキについて見ていきたいと思います。

マンコを使ってチンコを刺激するのはマンコキ

初心者さんは、素股と聞けばマンコをチンコに擦り付けて疑似セックスをするものと思うかと思います。

昔はお店でもマンコを使ったマンコキを教えていましたし、今も年配の風俗嬢さんはそれでサービスをするのが当然と思っているかもしれません。

しかし、それは仕事としてやるには色々なデメリットがあるので、最近では素股とは呼びません。

もちろん、若くても知識がない風嬢さんはマンコキ以外の素股方法を知らないかもしれませんが、性病感染・妊娠・事故を装った挿入などのリスクがあるため、極力避けなくてはならないのです。

客が好きなのはマンコキだけど…

素股の正しい方法は、以前の記事で詳しくご紹介していますので、一度検索して読んでみてください。

「めんどくさいし、客も今のやり方で満足してるみたいだしいっか」と思っていると、明日性病の客が来るかもしれません。

ただ、男の側からすると「せっかく金を払っているのに手でやられた」という感覚だったり、「手抜きされた!」とクレームにつながることもあるかもしれません。

お店にしっかり、「素股とはどういうプレイを指すのか」ということを確認しておいてくださいね。

年齢が高いとマンコキを求める場合も

爺客に多いのですが、手・お尻・太ももなどでチンコを刺激する方法を取ると「そんなのは素股とは言わない!」とキレる場合もあります。

そもそもちゃんとした素股というものを知らないし、高齢者な程性病に関する知識や意識が低いので、説明してもお話にならないのです。

そういった場合も、事前にちゃんとお店に確認を入れておけば、余計なトラブルを避けられます。

ただし、お店が「じゃあマンコキの素股でやってね」とのたまう場合は、さっさと辞めてしまいましょう。
性病の温床と化す恐れがあります!

素股の正しいやり方はこちら!

関連するキーワード

kiyoha

キャバクラ・クラブ・ヘルス・デリ・ソープでの勤務経験があります。
ナイトワークをする上で、少しでも役に立つ情報を発信していければと思っています。
こんな時代だからこそ、たくさんお金を稼ぎたいですよね!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング