キャバクラで働くにおいて、何が一番ツライか。

ついた客が自分のことを「好みではない」と思って冷たくあしらうことなのか。
卓みんなで盛り上がっているのに話題についていけず、自分だけどこか気まずいオーラを放ってしまうことなのか。

いえ、違います。

やはり、”指名が取れないこと”が一番ダメージが大きく、病む要因だと思います。
病むだけならまだしも、キャバ嬢という職業を継続できなくなる可能性だってあります。

たまに、います。
そんなにかわいくないのに、指名取れる子が。

「一体どうやって指名取ってるんだろう・・・」
聞きたいですが、同じキャバ嬢である自分に営業努力の中身を教えてくれるわけがありませんよね。

そこで今回は、私が見た”顔は普通(以下)なんだけど何故か指名が絶えずナンバー入りするキャバ嬢の営業テク”をお伝えしたいと思います。

フリーでも連絡先は必ず”聞く”!

たまに、フリーのお客さんに連絡先を書いた名刺を渡すキャバ嬢、いますよね。
まあ悪いことではないんですが、特別指名に繋がる可能性は低いと思ってください。
有名or超美人キャバ嬢ではない限り。

名刺はもらっても邪魔になります。
家に持ち込んで奥さんから追及があっても困ります。
なのですぐに捨ててしまいますが、その名刺に書かれている電話番号やメールアドレスなどをわざわざアドレス帳に登録してから捨てるかと言えば…
めんどくさくて、そんなことしない人の方が多いですよね。

なので、お客さんとやり取りをしたければ、必ずあなたからお客さんの連絡先を聞くようにしてください。

あまりに自分を気に入ってい無さそうな客にはそんなことする必要ありませんが、ちょっと気に入ってそうかな?という客を逃してはなりません。

他愛なくてもOK!メールを送り続けよう!

連絡先をゲットしたら、まずは「昨日はありがとうございました~☆」的なメールを送りますが、相手はお酒も入っているし「はて、どんな子だったかな?」という感じです。

自分を思い出してもらうために、会話した内容を少し織り交ぜるのがgoodです。

そこで返事が返ってきて何気ないやり取りをするかもしれませんし、返事が返ってこないかもしれません。

しかし、そこで諦めてはなりません。

今後、お店に長く来ない場合は、あなたも相手の顔を忘れてしまうかもしれません。
ですから、お客さんの特徴は必ずメモしておいてくださいね。

メールやラインの返事が返ってこなくても、あなたがやるべきことはただ一つです。

それは、”メールを送り続けること”なんです。

内容が面白くなくても構いません。
ある一定の間隔で、とにかく送るのです。
相手のリアクションなど、どうでもいいのです。

まあ、ラインで明らかにブロックされていそうな場合は、もうやめてしまってもいいですが…。

実はこれ、本当に手間がかからない営業方法であるのに、気長に構えていると指名の返りの確率が高いそうです!

客からしたら、こういうことなんです。
「あそこのお店はたまたま行っただけだから、頻繁に行くことはないけど…。でも、もしあの友達の家に遊びに行った帰りに、1セットだけ飲むくらいならいいかな。”だって、いつも連絡くれるしな”」
という考えを持つそうです。

これは、そのナンバー入りキャバ嬢が実際に客から聞いたので、客の思考そのものです。

いつもメールをくれているのに、今後永遠行かないのはかわいそうだしな、という情が出てしまうのですね。
そのチャンスを自分のものに出来るかどうかは、あなたの頑張りによりますが、まずは1指名もらうことができるのです。

これができる嬢は少ない

単にメールを送り続けるだけの話なのですが、これが出来るキャストは案外少ないです。
「どうせ手間かけても、返ってくるわけないし」と諦めてしまうんですよね。

確かに、一か月後に指名が返ってくる確率は低いかもしれません。
しかし、あなたはそんな短期間でキャバ嬢を辞めますか?

もし「数年頑張ってみよう」とか「ママ目指して極める!」と思っている方は、もっと長い目で見て連絡を取り続けてみてください。

1年後あるいは2年後、あなたの指名本数は爆発するハズです。

kiyoha

キャバクラ・クラブ・ヘルス・デリ・ソープでの勤務経験があります。
ナイトワークをする上で、少しでも役に立つ情報を発信していければと思っています。
こんな時代だからこそ、たくさんお金を稼ぎたいですよね!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング