AV業界に限ったことではありませんが、経営者やオーナーと呼ばれる人たちの中には、本当に女の子のこのためを思ってくれて、「会社も女の子もwin-winの関係になればよい」という人もいます。

しかし、中は「女の子に早く卒業されては困る」という考えを持つ人も存在することは確かです。

つまり、商品である女の子がすごく人気絶頂にあるとします。

が、当の本人は「もう貯金の目標額達成したのでやめま~す♪」と言い出します。

会社側としては、稼ぎ頭の商品を失うことになり、損失が出てしまいます。
そのために、大人が”わかっていて”悪い方向へ持っていこうとする場合もあるんです。

売れるために努力しよう!という建前

普通の風俗店に勤務していて、整形やエステを勧められることはほぼありませんが、AVプロダクションにおいては、あり得ないことではありません。

一般の芸能事務所もそうですが、所属するタレントがより売れるために”お直し”を提案する場合があります。

もちろん、見た目が良くなればその分注目を浴びることができ、人気も上がることは確かですので、悪いことではありません。

芸能事務所やAVプロダクションは、そういった人をキレイにするためのお店とつながりがあります。
カッコよく言えば「提携している」というわけです。

そのため、秘密厳守&サービス価格で、整形やエステを受けることが出来るんです。

顔を人に認知されることにより人気が上がるAV女優は、そうやってキレイになればなる程、周りの態度が変わってくることに気づきます。

そして「人気があるうちに稼がないと!」ということで、またAVに出演します。

1本撮ってお金が入ると、そのお金でエステを受けたりして自分に投資します。
投資だけならまだしも、やはり金銭感覚はゆるみ、出費することが平気になってしまいます。

そのサイクルこそが、AVプロダクションの狙いです。

AVプロダクションとしては、あくまでも「あなたが売れるために」というスタイルで、自己投資を勧めてくるのです。

使えなくなるまでAV業界にどっぷり浸からせる

AVに出演したお金で、整形やエステなどの自己投資で出費し、かつ金遣いが荒くなって生活スタイルが変わる。

こうなってくれると、AVプロダクション的には「しめしめ」という具合です。
こうして、AV女優という仕事から抜け出せないように、あえて持っていくプロダクションもあるのです。

確かにお金を遣っているのは自分ですから、後から誰かを責めることもできません。

もちろん常識ある良い事務所やプロダクションもたくさんありますが、あまりにも私生活のことにアレコレ口出しするプロダクションは、少し距離を取って冷静になってみた方が良いかもです。

目標を見失うことなく、しっかり稼ぐために、どうぞ注意してくださいね。

関連するまとめ

関連するキーワード

kiyoha

キャバクラ・クラブ・ヘルス・デリ・ソープでの勤務経験があります。
ナイトワークをする上で、少しでも役に立つ情報を発信していければと思っています。
こんな時代だからこそ、たくさんお金を稼ぎたいですよね!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング