キャバクラ、風俗には当たり前のように罰金制度が存在します。
しかしそれらは国が定めた法律としては違法なんです。

もちろん、お店のルールよりも国の法律が適用されるんですよ。
罰金や支払われなかったお金の取り返し方をご紹介していきたいと思います。

罰金って?

キャバクラや風俗には、遅刻したり当日欠勤したりすると【罰金】というルールが存在します。
5000~20,000円ほど罰金がとられることもありますね。
しかし、実はこれ違法なんです。

給料から引いてもいい金額は決まっている

【91条制裁規定の制限】

就業規則で、労働者に対しての減給の量は、減給1回の額が平均賃金の1日分の半額を超えてはいけないという明確な決まりがあります。

つまり、月の売り上げが60万円だとして、平均で賃金をならした時に、1日の給料が2万円だったとします。

待機代が出ないのも違法

ホストクラブで多いのが、待機しているお給料がでないことです。
キャバ嬢は基本時給+売上という仕組みをとっているお店が多いですが、ホストくラボは完全歩合制なので、指名がこないとお給料にならないというわけです。

しかし、労働基準法では完全歩合制は認められていません。
出勤している時間の時給は支払われないといけないのです。

お給料を返してもらうにはどうすればいいの?

お店と金銭でトラブルがあった場合には、【労働基準監督署】に行きましょう。
【(ろうき)】と呼ばれるところで、お店に対して罰則や賃金の支払い命令を行うことができます。

労働基準監督署で必要なもの

罰金の制度、雇用の契約書、そしてお店の社長の名前と住所などは必ず控えておくようにしましょう。
写メールを取っておくのも良いと思います。

悪質なお店によっては、労働基準監督署に言ったことが話に伝わると、それらを隠してしまうこともあるので注意してください。

関連するまとめ

【初心者講座】キャバクラ用語特集【ハ行~ワ行】

知って損はない、キャバクラ用語特集ハ~ワ行です。

つばさ / 467 view

なんでも頼んでOK!?、キャバクラでお金を使うことを苦と思っていない人の特徴

同じように指名をもらうなら、お金を持っていない人よりも遊べるお金を持っている人の方が良いですよね。ここでは、…

つばさ / 75 view

女性が「ありのまま」じゃいけない4つの理由

「ありのまま」の自分を愛されたい。 「ありのまま」生きたい。 「ありのまま」の自分で指名されたい。 そんな…

つばさ / 452 view

客がストーカー化!?キャバ嬢と客のトラブルまとめす

キャバクラは色恋もお金も存在する場所なので、とてもトラブルが起きやすい場所です。 トラブルは、精神的にも疲れ…

つばさ / 161 view

深刻なストーカー被害に遭っているときの対処法

お客さんという立場から、ストーカー被害にあってもことを荒立てたくないというキャバ嬢もいるはず。 中には、お店…

つばさ / 186 view

関連するキーワード