キャバクラ、風俗には当たり前のように罰金制度が存在します。
しかしそれらは国が定めた法律としては違法なんです。

もちろん、お店のルールよりも国の法律が適用されるんですよ。
罰金や支払われなかったお金の取り返し方をご紹介していきたいと思います。

罰金って?

キャバクラや風俗には、遅刻したり当日欠勤したりすると【罰金】というルールが存在します。
5000~20,000円ほど罰金がとられることもありますね。
しかし、実はこれ違法なんです。

給料から引いてもいい金額は決まっている

【91条制裁規定の制限】

就業規則で、労働者に対しての減給の量は、減給1回の額が平均賃金の1日分の半額を超えてはいけないという明確な決まりがあります。

つまり、月の売り上げが60万円だとして、平均で賃金をならした時に、1日の給料が2万円だったとします。

待機代が出ないのも違法

ホストクラブで多いのが、待機しているお給料がでないことです。
キャバ嬢は基本時給+売上という仕組みをとっているお店が多いですが、ホストくラボは完全歩合制なので、指名がこないとお給料にならないというわけです。

しかし、労働基準法では完全歩合制は認められていません。
出勤している時間の時給は支払われないといけないのです。

お給料を返してもらうにはどうすればいいの?

お店と金銭でトラブルがあった場合には、【労働基準監督署】に行きましょう。
【(ろうき)】と呼ばれるところで、お店に対して罰則や賃金の支払い命令を行うことができます。

労働基準監督署で必要なもの

罰金の制度、雇用の契約書、そしてお店の社長の名前と住所などは必ず控えておくようにしましょう。
写メールを取っておくのも良いと思います。

悪質なお店によっては、労働基準監督署に言ったことが話に伝わると、それらを隠してしまうこともあるので注意してください。

関連するまとめ

キャバ嬢ナンバーワンが絶対もってるモテテクニック3つ

ナンバーワンは共通してあるテクニックをもっているんです。 逆に言えば、このテクニックを利用すればナンバーワン…

つばさ / 50 view

口癖でわかる!タイプ別、男がキャバクラに通う4つの理由!

指名をもらうためにはお客さんのお気に入りにならなければいけません。そのためには相手の「キャバクラに来る目的」…

つばさ / 293 view

【初心者必見】飲めなくても大丈夫!キャバ嬢の秘密

「飲めないからキャバクラで働くのが不安・・・」 そんな風に思っていませんか? 実は、飲めなくても人気なキャバ…

つばさ / 67 view

子持ち必見!キャバクラ託児所付きのメリット・デメリット

子供がまだ小さいときにキャバクラで働こうと思うと、子供の預け先が心配ですよね。 夜に見てもらえる託児所はなか…

つばさ / 17 view

【初心者講座】キャスト間のトラブルを回避!やってはいけない5つのこと

キャスト同士には当たり前のルールですが、下手をすると『誰にも教えてもらえないルール』というものがキャバクラに…

つばさ / 366 view

関連するキーワード