キャバクラ、風俗には当たり前のように罰金制度が存在します。
しかしそれらは国が定めた法律としては違法なんです。

もちろん、お店のルールよりも国の法律が適用されるんですよ。
罰金や支払われなかったお金の取り返し方をご紹介していきたいと思います。

罰金って?

キャバクラや風俗には、遅刻したり当日欠勤したりすると【罰金】というルールが存在します。
5000~20,000円ほど罰金がとられることもありますね。
しかし、実はこれ違法なんです。

給料から引いてもいい金額は決まっている

【91条制裁規定の制限】

就業規則で、労働者に対しての減給の量は、減給1回の額が平均賃金の1日分の半額を超えてはいけないという明確な決まりがあります。

つまり、月の売り上げが60万円だとして、平均で賃金をならした時に、1日の給料が2万円だったとします。

待機代が出ないのも違法

ホストクラブで多いのが、待機しているお給料がでないことです。
キャバ嬢は基本時給+売上という仕組みをとっているお店が多いですが、ホストくラボは完全歩合制なので、指名がこないとお給料にならないというわけです。

しかし、労働基準法では完全歩合制は認められていません。
出勤している時間の時給は支払われないといけないのです。

お給料を返してもらうにはどうすればいいの?

お店と金銭でトラブルがあった場合には、【労働基準監督署】に行きましょう。
【(ろうき)】と呼ばれるところで、お店に対して罰則や賃金の支払い命令を行うことができます。

労働基準監督署で必要なもの

罰金の制度、雇用の契約書、そしてお店の社長の名前と住所などは必ず控えておくようにしましょう。
写メールを取っておくのも良いと思います。

悪質なお店によっては、労働基準監督署に言ったことが話に伝わると、それらを隠してしまうこともあるので注意してください。

関連するまとめ

水商売をやっている間これだけはした方が良い3つの習慣

ここでは、水商売をやっている間はとくに心がけるべき3つの習慣をまとめていきたいと思います。

つばさ / 96 view

指名のために今は休みたくない!風邪を早く治したい時に試してみること

休めば休むほど、指名のチャンスを逃してしまうのは確かです。

kiyoha / 218 view

〈キャバ嬢必見〉確定申告しないとヤバい!?知らないと損する2016年以降、夜の世界の…

マイナンバー制度の導入が決定しましたが、これがお給料に大きく関わってくるかもしれないのをご存知ですか?知って…

つばさ / 728 view

売れないキャバ嬢がやっている3つのこと

ここでは、売れないキャバ嬢がついついやってしまうNG項目をご紹介していきたいと思います。 「顔やスタイルはい…

つばさ / 390 view

セクハラが激しいお客さんへの対処法

セクハラが激しいお客さんって嫌ですよね。 そんなお客さんに指名をもらったら、指名の時間中セクハラを受けなけれ…

つばさ / 313 view

関連するキーワード