夜の世界をお水といいますが、ほんとうは芸能人などもお水と言われているのをご存知ですか?
風俗、キャバ嬢、ホストたちだけが水商売なわけではないのです。

「水」商売に隠された本当の由来をご紹介していきたいと思います。

「お水」とは

気に左右されるお仕事や、先の見通しが立たないよう職業を「水もの」といい、そこから「水商売」と呼ばれるようになりました。

キャバクラ、ホストクラブ以外にも、プロ野球プロサッカー選手、漫画家、イラストレーター、映画監督、芸能人、芸人、モデル、カメラマン、ライター、モデル、役者、バンドマンや飲食店の経営なども「水商売」と言われているのです。

「水」の由来

お水、水商売と言われる由来は3つあります。
どれが本当の由来なのかはわかっていませんが、そのどれもが由来の期限なのではないかと思います。

由来その1

人気や景気に大きく左右されてしまう、「流れる水のように不安定な職業」だから水物、お水と呼ばれるようになったといわれています。

由来その2

芸妓さんなどの職業を「泥水稼業(商売)」と呼ぶことからお「水」と呼ばれるようになったと言われています。

芸妓さんは見かけは華やかだけど、いる世界は泥水のように汚れているという解釈です。

由来その3

時代劇でも見かけたことはあるかもしれませんが、江戸時代は、お団子やお茶菓子を提供するお店のことを、「水茶屋」と呼んでいました。
お酒やおつまみを提供する夜の仕事と似ているために「水」と呼ばれるようになったという説もあります。

恋は水もの

職業以外では「恋」も水物だと言われます。
先の見通しが立たない、どうなるか分からないものだからです。

一昔前は「お水」というと水商売のイメージが強く、マイナスなイメージが取りつきました。

お堅い家では、芸能人が結婚相手でも「水商売の女性なんかと結婚させない」と反対するところも多かったようです。

しかし、最近では水商売も若い子の憧れの職業になるなどライトなイメージを持たれるようになりましたね。

水商売でも、自分の努力次第で水物ではなくなることがあります。
自分を信じて精進しましょう。

関連するまとめ

【嫌われ者に!】実は女受けが悪い営業スタイル3つ

キャバクラ嬢にはいろいろな営業スタイルがあります。 友達営業、恋人営業、色恋などなど。 でも、こんな営業スタ…

つばさ / 78 view

お店を辞めて分かった!キャバクラ嬢の楽しかった日々&辛かった日々

キャバクラを辞めて1年6カ月。 あの時はキャバクラで働くことがつらかったけど、「今では楽しかったなあの頃は」…

つばさ / 341 view

キャバクラ嬢の私が『ガールズバー』にお客さんとして潜入!良いところと悪いところ比較し…

キャバクラとガールズバーどっちが自分に向いている? それぞれを比較検討してまとめてみたので、悩んでいる人は参…

つばさ / 286 view

ボーイに色恋管理をかけられた!?どうするべきか・・・・

キャバクラの世界では、女の子を管理したいがためにボーイや店長が「色恋管理」をしかけてくることもあります。 こ…

つばさ / 70 view

キャバクラでほかのキャバ嬢と上手にやっていく方法

キャバクラは女の世界なので、どうしても女同士のいざこざが起こってしまいます。 では、どうすれば仲の良い関係を…

つばさ / 20 view

関連するキーワード