”バンス”とは、給料の前借りのことです。

昼職では前借りはほとんど対応してもらえることがありませんが、夜の業界では結構あります。
差し迫った状況で夜の仕事に飛び込む人もいますから、すぐに現金を貸してくれるお店で働こうと考える女性も少なくないようです。

今回は、前借りをしたい、これからそうするかもしれないという方に、その詳細をお伝えしたいと思います!

バンスは簡単にはできない

普通に考えて、人にお金をホイホイ貸してくれるような会社、あるいはお店はありません。
そんなサラ金みたいな会社、逆にこわいですw

しかし何故風俗店が女の子のバンスを受け入れるかというと、そこにはお店の思惑があるからです。

バンスは歓迎できるものではないけれど、しかし女の子をお店が希望する条件で働かせるには、良い交渉材料となるのです。
つまり、あなたがもしお店にバンスをお願いするとしたら、「じゃあ最低でも半年は週5の遅番で働いてくれる?」というお店からの条件をのまざるを得なくなる可能性が高くなるということなのです。

日々の給料から返済

借りた分のお金は普通、給料から天引きという形で返していきます。

例えば1日の売上が8だとしたら、そのうち3を引いた5だけ受け取る、といった感じです。

この金額も、借りた総額や生活の状況などお店と相談して決めることになります。

借りる時の条件を確認する

中には、バンスで利息を取ったり、返済の期限を決められることもあります。

借りる時はお店が出してくる借用書にしっかりと目を通してください。
サインしてから文句を言っても遅いです。

自宅や実家をチェックされる場合も

バンスしたいとお店に申し出て、お店がどうしようか検討している時に、「自宅や実家に連れて行って」と言われることもあります。

お店としてはお金を貸してそのまま飛ばれるのが一番イヤなことですから、飛ばないように家を押さえておくというわけです。

お店に実家を知られるのは少し抵抗を感じますが、お金を借りるということはそういうことなのです。

バンスは自分の立場が不利になることもある

バンスのデメリットと言えば、やはりお店に借りを作ってしまう、ということでしょうか。

夜のお店って案外女の子が強かったりするもので、売上げていればワガママを言っても多少許される面があると思います。

しかしながら、バンスをするとお店にワガママを言える立場ではなくなりますし、結構肩身が狭いと感じるかもしれません。

バンスをするにはそれなりの覚悟が必要、ということですね。

関連するキーワード

kiyoha

キャバクラ・クラブ・ヘルス・デリ・ソープでの勤務経験があります。
ナイトワークをする上で、少しでも役に立つ情報を発信していければと思っています。
こんな時代だからこそ、たくさんお金を稼ぎたいですよね!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング