風俗嬢という仕事は、やはり世間から好奇の目や偏見を持って見られます。
それはある程度仕方がないのですが、しかし仕事として成り立っていて法律を破っていない以上、他人にとやかく言われる筋合いはありません。

でも、高収入を得られることから「ズルい」とか「楽して金儲けしている」と嫉妬の感情でディスられることは多いですね。

決して楽な仕事ではなく、健康被害のリスクが高くてメンタルも削られるものですが、やりがいを持って取り組んでいる姫さまもいます。

「風俗の仕事でやりがいって…」と批判されそうですが、風俗嬢という職業にやりがいを感じるのは、いけないことなのでしょうか?

実力を認めてもらいやすい世界

夜の世界は、昼職に比べると実力を素直に評価してもらえます。

数字数字で追われてしんどい時もありますが、しかし昼職で同じように数字に追われて頑張って結果を出しても、報酬が一気に増えることはあまりありませんし、突然役職がつくこともありません。

女性が前に出る社会になってきたとはいえ、まだまだ男性主導ですから、女性よりも男性の方が努力が実りやすいことは間違いありません。

しかし水商売や風俗の世界では、努力して頑張れば頑張るほど認められ、結果を出していれば待遇は考えられないほどに良くなります。

そういう夢がある世界なのです。
つらい時はお休みしても良いですから、全力を出してやりきってみるとよいでしょう。

昼職の定年くらいの年齢まで、風俗嬢ができるわけではありませんからね。

報酬にやりがいを見出しても構わない

風俗嬢という仕事を選ぶ理由として、ほぼ全員が答えるのが「お金」だと思います。

これまた「金金ってそんな仕事で簡単に儲けて恥ずかしくないの?」などと非難されそうではありますが、別に報酬目当てで頑張ることは悪いことではないのです。

給料が良いから医者になったとか、少しでも多く稼ぐために残業を進んでやるとか、キツイ仕事だけど給料が良いから就いた、とか風俗に限らずどんな仕事でも報酬ありきです。
ボランティアではありませんから、当然です。
対価をもらって、労働力を差し出しているのです。

ですから、お金のために風俗で働くことは、悪いことではありません。
ただし、やはりバリバリに日の当たる職業ではありませんし、親の立場からするとできれば就いて欲しくはない職業であることは、忘れてはなりません。

惰性で続けず計画的に仕事に就く

ただし、「お金が手っ取り早く稼げるから、抜け出せなくて~」というダラダラした感じで風俗嬢を続けるのは、やっぱり良くありません。

こういう方は、計画的に貯蓄もしておらず、たくさん稼いでも何となくお金が消えていく状況に疑問も持ちません。
これでは、せっかくキツイ仕事をしている意味がありません。

「自分が40歳になった時、どうするか?」ということを考えながら、風俗のお仕事でしっかりと稼いでくださいね!

関連するまとめ

女だけど風俗店を利用してみた!レポート(前半)

女性がサービスを受けられる女性専用風俗店はどんなところなのでしょうか?利用するときの注意点やレポートをまとめ…

つばさ / 1650 view

デリヘル、ソープ、ピンサロ、風俗って何種類あるの?

いざ風俗で働きたい!と思っても、どんなお店があるのか知らないと選びようがありません。お客になることが出来ない…

CX5 / 2447 view

関連するキーワード

kiyoha

キャバクラ・クラブ・ヘルス・デリ・ソープでの勤務経験があります。
ナイトワークをする上で、少しでも役に立つ情報を発信していければと思っています。
こんな時代だからこそ、たくさんお金を稼ぎたいですよね!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング