小顔で肌がキレイだと、それだけで美人度はかなりアップします。
肌が荒れていて顔が大きかったりたるみがあったりする美女って、あまりいませんもんね。

エステサロンなどでの骨格の修正は、医学的根拠がなくアテになりません。
第一、骨をギュウギュウ動かして永久にその形がキープできるなんて、コワイですもんね!

今回は、整形で小顔に寄せられる施術を集めました!

脂肪溶解注射

顔に脂肪が多いタイプの方は、脂肪溶解注射が手軽です。
頬やアゴ下の脂肪を減らせば、やっぱり顔は小さく見えます!

BNLS・BNLSneo・輪郭注射など腫れない注射も多いですし、効果を求めるならばリジェンスリムなどの大豆由来の注射もあります。

リジェンスリムなど大豆由来の方はかなり腫れますので、休みが取れない時はしてはなりません!
腫れない方も、体質によっては腫れることもあります。

脂肪溶解注射の症例を見ると、かなり効果がありそうに見えますが、基本3回以上やらないと目に見える効果はないと思っておく方が無難です。

要するに、脂肪吸引はしたくないけどちょっとでもマシにしたい、という方向けということですね。

ボトックス注射

筋肉が発達してエラが張っている人は、ボトックス注射で筋肉を小さくすることで、かなり輪郭が変わります。

脂肪溶解注射の変化よりも、ボトックスの変化の方が上かもしれません。
「私ももしやボトックスが効くかも?」と思ったら、すぐにカウンセリングに行ってみてください!

なんでもっと早くに受けなかったんだろう!と衝撃を受けると思います。

脂肪吸引

脂肪溶解注射ではあまり変わらない、満足できないという場合は、思い切って脂肪吸引をしてみると、より小顔になります。
脂肪が多い方の場合は、脂肪吸引をすると本当に変わります。

ただし、ダウンタイムは長いですから、仕事を一ヶ月くらい休まないといけない場合もあります。

顔の脂肪吸引は、若い頃に済ませることをオススメします。
年を取ってからやると、かなりの確率でたるみ治療も受けなくてはならなくなります。

サーマクールやウルセラのたるみ治療

顔の脂肪はそんなに多くないし、筋肉も張っていない。
けどなんか顔に引き締まりがない!
という方は、たるみ治療をするとシャープな小顔になれる可能性があります。

サーマクール・サーマアップ・ウルセラ・ウルトラリフト・HIFUなどのちょっと強めなレーザーなら、直後から小顔効果を感じることができる方もいます。
イントラジェンやタイタンなど、痛みが少ないものは効果もあまり感じないです。

サーマ系やウルセラ系ですと、劇的変化ではないものの、確実に引き締まります。
ただし、何度か繰り返さないと、最初のうちはすぐに戻る感じがします。
何度か受けることを覚悟しておきましょう。

関連するキーワード

kiyoha

キャバクラ・クラブ・ヘルス・デリ・ソープでの勤務経験があります。
ナイトワークをする上で、少しでも役に立つ情報を発信していければと思っています。
こんな時代だからこそ、たくさんお金を稼ぎたいですよね!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング