自分から仕事の話をしない

男性は、女性に比べて会話の切り替えが苦手です。
「どんなお仕事をしてるの?」「どんな内容?」など仕事の話をすると仕事のことを思い出してしまう方も多いのです。
自分から話しかけてくるまで仕事の話はふらないのがマナー。

宗教、政治、野球などの話しはしない

宗教、政治、野球などは意見が大きく分かれます。
たとえば野球だと「どこのファン」かで気にいらないと思われることもあるのです。自分の意見を言ってしまったがためにお客さんを不快にさせる可能性もあるので、「あまり分からないので教えてください」くらいのスタンスが◎

他のお客さんやキャバ嬢の悪口はNG

他のお客さんの悪口をいうことで「俺もこんな風に言われているのでは」と思われてしまうので、気を付けましょう。
また、男性は女性が女性の悪口を言うことを嫌います。
性格の悪い子だと判断されてしまう可能性もあるので、悪口をいうことはひかえてくださいね。

お客さんの話の腰を折らない

お客さんの話題をとって自分のものにしてしまう人がいます。
おしゃべり好きの女性に多いですが、これはNG。
お客さんが話しているときは聞き役に徹してしゃべりやすい環境を作ってあげると良いでしょう。

まとめ

会話をしているだけと言っても、基本はお客さん主体で楽しませてあげるのがキャバクラ。
会話のルールを守って気分が良い空間にしてあげてくださいね。

関連するまとめ

トラブルなく夜をあがりたいときの対処法3つ

お店を止める時はトラブルがつきもの。お店から無視されたり、お客さんがいきなり「金返せ!」と言ってきたり、上手…

つばさ / 334 view

気をつけて!お持ち帰りを狙っている客の特徴

お客さんは、「あわよくばキャバ嬢と体の関係になれるんじゃないか」と狙っています。 今まで誠実だと思っていた人…

つばさ / 324 view

【風俗嬢のバレ対策】彼氏とのスキンシップで気を付けること

彼氏に、風俗をやっていることや、風俗経験者だとバレたくないばあいどのようなことに気をつければよいでしょうか?…

つばさ / 392 view

【キャバ嬢】やっちゃった~!お客さんやボーイに怒られた「失敗談」

新人の頃にお客さんやボーイに怒られたことのあることをご紹介していきます。 新人キャバ嬢の皆さん、ぜひ参考にし…

つばさ / 1015 view

関連するキーワード