自分から仕事の話をしない

男性は、女性に比べて会話の切り替えが苦手です。
「どんなお仕事をしてるの?」「どんな内容?」など仕事の話をすると仕事のことを思い出してしまう方も多いのです。
自分から話しかけてくるまで仕事の話はふらないのがマナー。

宗教、政治、野球などの話しはしない

宗教、政治、野球などは意見が大きく分かれます。
たとえば野球だと「どこのファン」かで気にいらないと思われることもあるのです。自分の意見を言ってしまったがためにお客さんを不快にさせる可能性もあるので、「あまり分からないので教えてください」くらいのスタンスが◎

他のお客さんやキャバ嬢の悪口はNG

他のお客さんの悪口をいうことで「俺もこんな風に言われているのでは」と思われてしまうので、気を付けましょう。
また、男性は女性が女性の悪口を言うことを嫌います。
性格の悪い子だと判断されてしまう可能性もあるので、悪口をいうことはひかえてくださいね。

お客さんの話の腰を折らない

お客さんの話題をとって自分のものにしてしまう人がいます。
おしゃべり好きの女性に多いですが、これはNG。
お客さんが話しているときは聞き役に徹してしゃべりやすい環境を作ってあげると良いでしょう。

まとめ

会話をしているだけと言っても、基本はお客さん主体で楽しませてあげるのがキャバクラ。
会話のルールを守って気分が良い空間にしてあげてくださいね。

関連するまとめ

人気キャバクラ嬢の1日に密着!これであなたもナンバー入り!

人気キャバ嬢の1日をまとめてみました。営業時間や同伴の仕方など、スケジュール管理の参考にしてみてくださいね。

つばさ / 1063 view

【初心者必見】飲めなくても大丈夫!キャバ嬢の秘密

「飲めないからキャバクラで働くのが不安・・・」 そんな風に思っていませんか? 実は、飲めなくても人気なキャバ…

つばさ / 481 view

お客さんを怒らせてしまった謝罪の仕方は?

お客さんを怒らせてしまうと、売り上げ低下にもつながりますし、嫌がらせをされて嫌な思いをすることもあります。 …

つばさ / 176 view

【銀座編】採用されるキャバ嬢はどんな子?

銀座というとお高級なキャバクラを想像します。 お客さんもリッチで女の子は上品なイメージですよね。 お給料も高…

つばさ / 76 view

キャバだと思ったらピンサロだった!?虚偽広告の見分け方

「キャバ!お触りなし!高時給!」 そんな広告を見てキャバクラだと思い面接に行くと、キャバではなくピンサロの面…

つばさ / 398 view

関連するキーワード