奨学金の返済に苦しむ多くの学生。社会に出たとたん1,000万円以上の借金を背負う人も少なくありません。

今、奨学金の返済に苦しむ社会人が少なくありません。そしてその数は33万人にも登ると言われています。

奨学金を借りた人の4人に1人が滞納、彼らの多くは生活苦に陥っているというのはご存知の方も多いと思われます。

金額は人によって異なりますが、200万円~1,000万円の借金を社会に出た途端に背負う。これは社会生活を送る上で非常に大きなハンデではないでしょうか?

多くの女子大生が風俗で働く理由が「奨学金返済のため」。

社会に出た途端に借金を背負う。返済金額にもよりますが、新卒の子が手取り18万円(都内で就職した場合)だとして家賃、食費、その他必要経費を差し引いた上で奨学金まで返済するとなると・・・

場合によっては生活できないだけではなく、さらなる借金を抱えても不思議ではありません。

社会に出た途端に生活苦に陥ることを想定し、一刻も早く奨学金という借金返済のために「風俗嬢として働く」。という選択をする女子大生が増え続けています。

週に3日働き、月に50万円以上を稼ぐ女子大生風俗嬢

女子大生、それは18歳から22歳の大学生のことを指します。そして、ぴっちぴちの18歳から22歳のJD(女子大生)は風俗業界においてまさに売り手市場。

同時に、ビジュアルを無視しても最も稼げる年齢層でもあります。

週に3日働き、月収は50万以上稼ぐ女子大生風俗嬢はザラですが、彼女たちの多くは奨学金返済のために風俗という仕事を選択しています。

アルバイトの限界

事実、アルバイトで奨学金を返済するということを考えた時、その金額はいくら位になると思いますか?

都内で時給1,000円で一日5時間、20日間働いたとして10万円です。一年間で120万円ですが、家賃等が5万円以上かかる上に親ごさんからの仕送りが全くない場合・・その返済額は微々たるものです。

場合によっては在学中には全く返済などできないため、社会に出てから破たんする人が今続出しているのです。


風俗嬢なら楽々返済

社会に出た途端に、利息を含めた200万円~1,000万円の借金を背負うのと在学中に借金を軽くして、あるいは無借金状態にした上で社会に挑むのとではその後の生活が全く異なります。

そして、風俗嬢として在学中に働くということは借りた奨学金以上の金額を稼ぐことができる上に若いうちにまとまった貯金をも可能にします。

例え最終的に1,000万円の奨学金を借りたことなる女子大学生も、月に50万円稼いでいれば4年後には全く手を付けなかった場合は単純計算で2,400万円です。

半分を生活費として充当していても、風俗嬢ならば奨学金も楽々返済可能です。

現実的だからこそ、女子大生は風俗嬢になる

関連するまとめ

本番絶対禁止!それでも避けられなかった時のために、ピルを常用して自分の身を守る

どんな経営スタイルをとっている風俗店でも「本番行為」は絶対禁止です。でも、不測の事態はないとは言えません。万…

★元風俗嬢トモコ★ / 419 view

体の変化を見逃さない!●●を発見したら引退を考えるべき・・・かも?

風俗の寿命って?自分の体に●●を見つけたら引退時?

★元風俗嬢トモコ★ / 711 view

【その時、風俗嬢は動いた・・・!!~昼の仕事につきたいと思った時編~】

とっとけば、とりあいず昼の仕事の就職の手立てになるハードルの低い資格

★元風俗嬢トモコ★ / 803 view

これって不正出血?

体の声には敏感でありたいものですね。風俗やってるからこそ、体を大事にしてあげて下さい。

★元風俗嬢トモコ★ / 594 view

関連するキーワード