「ヒールを履くと、足がほっそりキレイになる」
よく聞く言葉だと思います。

でも、美脚&スタイルが良くなるには、本当にヒールを履くのが正解なのでしょうか?

スタイルに気を配らなくてはならない風俗嬢さんに、真実をお伝えしたいと思います!

ヒールが美脚を作るはウソだった!?

ヒールが足を美しくする根拠として、歩くのが大変なヒールの高い靴は、ふくらはぎなどの筋肉を使い、鍛えられるため引き締まる、という風に言われています。
確かに、それは本当だと思います。

しかし良いことずくめなのではなく、ヒールによるデメリットもあるのです。

スラッと伸びた美しい脚を持つモデルさんたちは、実は普段ヒールを履かず、フラットシューズばかりを履いているのです。

ハイヒールを履くと足がむくむ

ヒールを履くと、かかとが必ず上がります。
座ろうが立とうが歩こうが、常にその状態です。
そうすると、ふくらはぎの筋肉は縮んだままになります。

ふくらはぎを伸ばすストレッチをする時は、左右の足を前後に開いてかかとを地面につけるようにしますが、ヒールを履いている時はそのストレッチの状態とは真逆です。

ふくらはぎの筋肉は縮んで緊張したままになると、足のむくみが起こりやすくなります。

足のむくみは、ふくらはぎから起こると言われています。
“ポンプ作用”って聞いたことがありますでしょうか?

ふくらはぎの筋肉は、伸びたり縮んだりすることにより血液やリンパ液を体の上側、心臓にまで戻してくれるのですが、それを“ポンプ作用”とか“ポンプ機能”と呼びます。

ヒールを履いている時間はそのポンプ作用が起こりにくいため、結果足のむくみがひどくなってしまうということです。

ヒールを履きこなすには筋力が必要

ヒールを履いて美しく歩くには、相当な筋力が必要です。
太ももやお尻の筋肉はもちろん、体幹もしっかりしていなければグラグラと重心が定まらず、転んでしまう危険性もあります。

筋力が不十分なまま高いヒールを履いてしまうと、スタイルが崩れる原因にもなってしまいます。

まず、ヒールの不安定な状態を何とかするべく、ひざが曲がります。

ヒールを履いて街を歩いている女の子は、ほとんどがひざを曲げて歩いています。
もちろん本人も気づいておらず、ひざを曲げて歩くのが美しくない原因であることを知りません。

ひざを真っ直ぐに伸ばして歩くには、お尻や太ももの筋肉を使わなければいけませんので、かなり疲れますので、まずかかとが高くないフラットシューズで練習をしてテクニックと筋力を身につけなくてはいけません。

後編に続きます!

関連するキーワード

kiyoha

キャバクラ・クラブ・ヘルス・デリ・ソープでの勤務経験があります。
ナイトワークをする上で、少しでも役に立つ情報を発信していければと思っています。
こんな時代だからこそ、たくさんお金を稼ぎたいですよね!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング