キャバ嬢をこれから始めようという方が気になるのが、「ドラマみたいに、お客さんと寝ないといけないのか?」ということだと思います。

また、ある程度キャバ嬢としてやってきた方で、指名の伸びに悩んでいる方は「やっぱり枕した方がいいのかな…?」と迷うこともあるかと思います。

私も実際悩んだことがあり、枕を試したことがありますw
ということで、枕営業のホントのところをお伝えしたいと思います!

枕したら絶対指名が取れる?

多くの方が枕の真相が、大体は分かっていらっしゃるかと思います。

そうです。
枕営業をしたからといって、絶対に指名が増えるとは限らないのです。

客は「ヤラせてもらえたから、これからも通って金を落とさなきゃ!」などという義理人情にあふれた人間ばかりではありません。
枕営業は、”賭け”なのです。

ですから、あなたが「彼氏もいるし、好きな人以外とセックスするのはちょっと。」と思うのであれば、一切枕をしなくてもOKです。

”枕をするか否かは、あなたのキャバ嬢としての成功に大きく影響しない”ということが真実です。

私はある店では枕営業を試してみましたが、ナンバー入りしたお店では一切枕をしていませんでした。

抵抗がない人は枕を活用しても

枕営業は、売れていない嬢が苦し紛れにしても、そんなに効果はありません。

むしろ、デメリットによって潰れ、結局ナンバー入りできずに終わったりします。
売れていないと、客も自分のことをナメていますしね。

枕営業は、売れている嬢こそ使う意味があります。

つまり、かなりの太客が現れ「愛人になるなら〇〇してやる」という風な提案を持ちかけてきた場合、さらなる売れっ子嬢になるために活用するのも一つかもしれません。

まあ、売れているならばそれ以上枕までしなくても、という見方もありますが、とにかく天井無しに売れたいという野望を持った方なら、ちゃんと枕のお返しを与えてくれる人かどうか見極め、やってみるのも良いでしょう。

ただし、様々なリスクがないわけではないので、何があっても自己責任であることは言うまでもありません。

ヤッたら切れるは一概には言えない

男性の中には「風俗なんてつまんない。やっぱキャバ嬢とか、素人の子をどれだけ食えるかどうかだ」というゲームをしている気になっている人もいます。

しかし一方で、ヤルことにより親密さを感じるようになる男性もいることは確かです。

男からすれば、”ヤラせてくれる=自分を受け入れてくれる”という存在なんです。
もちろん、「誰とでもヤッてるんだろ。汚い女」と思う人もいますし、「受け入れてくれた」という感情と「汚い女」という感情が同居している人もいます。

枕営業をした後、その客がその後切れるか続くかは、もちろん男の考え方にもよりますが、あなたの魅力やテクニック次第では、引き続き金を引き出すことができる可能性があります。

「枕嬢」という噂は広まる

枕営業をすることによるデメリットは、やはり”枕嬢というレッテルを貼られる”ということでしょう。

ネットに書かれてそれを読んだ自分のメンタルが削られるくらいならまだ良いですが、良い子のお客さんがその噂を聞きつけ、指名しなくなったり、ストーカーチックになる恐れがあります。

また、女の子からも枕嬢と噂され、ヘルプに付いてもらえなくなったりする可能性もあります。

そうなると、店からも「使いにくい」とけむたられる場合があります。
店の売上の大部分を自分で稼いでいるくらいなら、お姫様扱いのままだと思いますが、そうでない場合は店から注意を受けたり、嫌がらせをされるリスクも出てきます。

そういったデメリットをうまく処理できるくらいの売れっ子、もしくは世渡り上手であれば、枕を使っても自分がダメージを喰らうことは少なくなると思います。

関連するキーワード

kiyoha

キャバクラ・クラブ・ヘルス・デリ・ソープでの勤務経験があります。
ナイトワークをする上で、少しでも役に立つ情報を発信していければと思っています。
こんな時代だからこそ、たくさんお金を稼ぎたいですよね!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング