風俗嬢という仕事を始めてからメイクの崩れが気になり出し、「アートメイクだったらもっときれいな状態をキープできるかな?そしてメイク直しも楽かな?」とアートメイクが気になり始めた方もいらっしゃるかもしれません。

アートメイクはどちらかというとまつエクに押されている感じがしますが、しかしながら眉に関してはエクステなんてものは広く出回っていませんから、「眉をやりたいの!」という方も多いかもしれません。

そこで今回は、実際にアートメイクを受けたことがある私が、どんな具合だったかを簡単にご紹介したいと思います!

アートメイクはクリニックで受ける!

色々なトラブルが発生し、テレビでも報道されていたので多くの方がご存じかとは思いますが、昔はサロンで受けられていたアートメイクですが、今は医療行為と見なされ、医師の管理下でしか施術できなくなっています。

感染とかイヤですし、施術後の外用や内服も出してくれますので、できればアートメイクを取り扱っているクリニックで受けたいものですね。

アイラインはする価値ありかも

アイラインのアートメイクは私自身昔に受けたことがあり、またやりたいなあと思っています。
まつエクもいいんですが、やはりまつげのダメージを考えるとお休みしなくてはならない時期がありますから…。

アイラインの価格の相場は、上下各3万円くらいです。
1回の金額であり、色を定着させるためには2回は施術が必要ですから、上のラインだけとりあえずやるとしたら最低6万円程度必要だと思っておいてください。

アイラインの施術はかなり痛そうなイメージですが、痛い部分だけにしっかりと麻酔を効かせてくれますので、案外痛くありません。

ただし、腫れます。
体質によって腫れ具合は違いますが、私の場合は泣きはらしたという以上に腫れましたね。
腫れは3~5日くらい続きますから、大事な予定は入れられません。

持ちは私の場合は2年くらいでした。
が、スッピン感がなくなり、とても満足していました。

その後まつエクに切り替えたので継続してやらなかったのですが、またやりたいな~と思っており、個人的にはオススメです。

眉やリップはティントでもいいかも?

アートメイクといえば、まず思い浮かべるパーツは眉ですよね!

あくまでも私個人の考えでしかありませんが、眉はティントでもいけるような気がしていますw

それこそアートメイクって、やっぱりメイク程仕上がりが完璧ではありません。
そりゃあそうですよね、メイクと同じ仕上がりだと、濃すぎる印象になってしまいます。
メイクはベースなどの土台や他のパーツもメイクアップされることによって、ハッキリとした色を乗せてもいい感じに仕上がるわけです。

アートメイクはあくまで”メイクの補助”とか、”スッピンが恥ずかしくない”という立ち位置ですので、眉に関しては薄めであり、アイラインについてはあまり目尻を長くして作りません。
デザインにも流行がありますしね。

なので、ちゃんとメイクする場合は結局はそれぞれ描き足します。
そして描き足した分は当然メイク落としでオフします。

メイク落としはアートメイクに影響が少ないものを使うのですが、しかしアートメイクをまるっきり落とさないというのは難しいです。
染料が皮下にあるとはいえ、ある程度は影響してしまいます。

ですから、アートメイクの持ちはメイクをする程弱くなる傾向にあると言えると思います。
(もちろん日々の新陳代謝が落ちのメインだとは思いますが)

「どうせ描き足さないといけないし、メイク落としを使うストレスもあるなら、ティントの方がいいんじゃ?」と思った次第です。

ただ、ティントは精密な形を定着させるのは難しいですから、形にこだわりがある方はアートメイクの方が絶対満足できると思います。

形にこだわりがなく、とりあえず眉メイクのガイドになってスッピン感が少しでも抑えられたら良い、ということでしたら、まずは一度まゆティントを試してみてください。

一度では色は定着しませんが、一週間も使い続ければ結構色が残りますよ。
痛みもなく、安価に始められます。

関連するまとめ

関連するキーワード

kiyoha

キャバクラ・クラブ・ヘルス・デリ・ソープでの勤務経験があります。
ナイトワークをする上で、少しでも役に立つ情報を発信していければと思っています。
こんな時代だからこそ、たくさんお金を稼ぎたいですよね!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング