キャバクラで働きだすとドレスが必要になってきます。
ここでは、ドレス選びの注意点についてまとめていきたいと思います。

体験入店の時からドレスは必要?

お店によっては店服(てんぷく)というものがあります。
キャバ嬢に貸し出しをしているのです。
(無償、有償はお店によってさまざま)

ただ、お店の立場からいうと、体験入店や入店したときにドレスをもってきていないと「やる気がない」とみなされてしまうので、できればドレスを自分で用意するのが良いです。

お店のドレスカラーに合わせて

ドレスはお店によって選ぶ種類が大きく異なります。
一般的なお店では「黒が禁止」となっていますし、「ストールが禁止」「方が出ていないものは禁止」というようなルールが存在するものもあります。
中にはドレスではなくスーツドレス(スーツとは異なる夜の世界のスーツ)のみ着用OKというところもあるので、お店に確認してから用意すると良いでしょう。

露出のし過ぎがNGなことも

場末のキャバクラでは「露出してなさすぎるのがNG」とあっても高級店では「露出のし過ぎがNG」という風にお店のルールにも変化があります。
高級なお店は、セクシーさよりも上品さをもとめられるのです。
ここでは、安いドレスよりも高価で気品があるドレスが求められます。

絶対ダメなドレス

ただ、どのようなキャバクラでも絶対にダメなドレスがあります。
それは下品すぎること。

席に座って、パンツが見えているのはNG。
背中の開きからブラがみえているのもNG。
肩からブラが見えているのもNG。
胸の谷間からヌーブラが見えているのもNGです。

このように、誰が見えても下品な格好は控えるようにしましょう。

関連するまとめ

キャバクラのスカウトがウザい!?声をかけられる人とかけられない人の違い

キャバクラのスカウトがウザいと感じてはいませんか? 「今日もスカウトに合って~」と自慢げに話しているあなた!…

つばさ / 129 view

【お客さんが本気に・・!】恨まれないための断り文句

キャバクラは色恋の世界。 こっちは「客」だと割り切っていてもお客さんが「本気」になってしまうことがあります。…

つばさ / 89 view

【初心者必見】飲めなくても大丈夫!キャバ嬢の秘密

「飲めないからキャバクラで働くのが不安・・・」 そんな風に思っていませんか? 実は、飲めなくても人気なキャバ…

つばさ / 103 view

関連するキーワード