タイマーを頻繁に見る

イヤな客の時って、ついついタイマーに目が行ってしまいますよね。

しかしその視線の動きは、客も敏感に感じ取っていて、プレッシャーに感じたり不快に思っています。

私たちは仕事時間中ですが、客にとっては大切な遊び・いやしの時間ですから、時間を思い出されたくはないのです。

こちらとしては無意識に見ているだけだったり、あるいは客のために時間配分を考えている場合もあるのですが、なるべく見ないように気を付けましょう。
いや、バレないように見ましょうw

タバコを吸う

案外多いのがコレです。

確かに、一般のサラリーマンも普段から喫煙できる場所が減ったせいで吸いにくくなり、タバコをやめた人は多いです。
今後も増えていくことでしょう。

タバコを吸っている人とキスをするのはやっぱりちょっと…というのは当然ですね。
想像以上にニオイを感じるものなのです。

ちなみに、自分も吸っているのに「姫には吸わないで欲しい」というワガママなヤツや、「普段は吸ってもいいから接客中は吸わないで欲しい」という客もいますね。
接客時間中は「吸ってもいいですか?」と最低でも確認が必要です。

過剰すぎるあえぎ声

演技すぎるわざとらしい反応も、客を興醒めさせてしまうようです。

マグロで無反応なのもダメですが、かといって大声で喘ぎまくるのも「なんだコイツうるさいな」と思わせてしまいます。

あえぐのが面倒なのはよくよくわかりますが、適度な喘ぎ声を意識してください。

愚痴を言う

お店の愚痴、同僚の女の子の愚痴、まったく関係ない愚痴…などなど、何かに対する文句を客の前で延々語っても、良いことはありません。

愚痴というものは聞いている方が疲れるもので、愚痴を聞かせた相手は自分に対して良いイメージを持たなくなります。

今自分が腹が立っていることを吐き出したい場合もあるかもしれませんが、客に聞かせるのはやめておきましょう。

ただし、「こんなことがあったけどどう思う?」と相手に意見を聞いたり、おもしろいオチがある場合はピロートークの時にネタとして離してみてください。
会話が広がります。

”無”でプレイ

無表情で接客するのは論外ですが、ちゃんと愛想を振りまいているつもりで接していても、案外”抜け殻”な状態であることは見抜かれてしまいます。

当然会話もかみ合わない部分も出てくるでしょうし、相手が「これぞ必殺技!」と思って繰り出した技にもあまり反応できないこともあるでしょう。

こちらからしたら「態度悪くしてるわけじゃないんだからいいじゃん。これがあたしの最大限お前に合わせた状態じゃ!」とかキレたくはなるのですが、しかしそういう態度ではリピは獲得できないでしょう。

ひどい客でなければなるべく気持ちを込めて接客するようにしましょう。

時短

これはまあ…ちょっとルール違反すぎるというか、まともな良い客も逃しかねないのでやらない方が良いですね。

私たちも例えばマッサージなどに行った時に、時間を勝手に短くされていては「どういうこと!?」と怒ると思います。

いくらダルくてもこれだけはやらないようにしましょう。
下手すると店からのペナルティもあり得ます。

関連するキーワード

kiyoha

キャバクラ・クラブ・ヘルス・デリ・ソープでの勤務経験があります。
ナイトワークをする上で、少しでも役に立つ情報を発信していければと思っています。
こんな時代だからこそ、たくさんお金を稼ぎたいですよね!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング