リーマン

接待や付き合いで来ている客は、そもそもリピは見込めません。
「いいな」と思ってはくれても、「一人でまたあの風俗店に行こう」とするまでハマる人はなかなかいません。

リピする人は、すでに風俗に通っている場合が多いものです。

また、お金がないので行きたくてもいけない、風俗にお金を遣うなら他に使いたい、という場合もあるでしょう。

イヤな話ですが、風俗ではなく一般女性との不倫を夢見ているリーマンも多いですよね。

単純に経済的に余裕がないというケースも多いかと思いますが、視力や注意力の低下により、とにかく若くてかわいいっぽければOK、ということもあるでしょう。

姫の外見よりも、何をやってくれるか、何をやらせてくれるか、ということにこだわりがある場合が多々あります。

常連ぶる奴

「この店に通って随分長くなるなあ」
「店長とかボーイとすごく仲が良いんだ」
などと、お店のファミリーぶるやつは、指名を取りにくいことがあります。

要するに店についている客です。
店長などがヨイショして、客をつなぎ止めるのです。

そういう場合は、客も「遊び慣れたオレ」という雰囲気を出したいので、「この子にハマっているんだ」と言うのはプライドが許さない、という変な考えになっていることもあります。

常連ぶる奴は、とにかく会話もうざいし、自分の情報を他の子にも話される可能性がありますので、あっさりと仕事をこなしてしまいましょう。

ショートで人見知りしない奴

「結構感じがいいな。しゃべってても割と楽しいし」という客は、リピが見込めないことがあります。

要するに、夜のお店で遊び慣れていて、女の子の扱いにも慣れている。
そういう人は、比較的好みの女の子で短時間でサクッと性欲が満たされればそれで良いので、ハマって通ってくれることがないのです。

もちろん、ショートであって会話も楽しくいい感じの人がまたリピしてくれることもありますが、期待しすぎは禁物です。

例え連絡先を交換してマメに連絡しても、成果なく終わるかもしれませんので、あまり労力を使わないようにしましょう。

やけに明るくリピ宣言する奴

私も風俗嬢初心者の頃は、調子のいい奴にだいぶ期待させられました。

「キミとすごく相性いい!また来るね!」
「本当に楽しかったから、次指名するよ。何曜日に出勤してるの?」
など、前ノリな感じで耳障りの良い言葉を並べる客ほど、「あいつ、いつになったら来るんだよ!」という感じになります。

どんな客の言うこともあまり信用しないようにしましょう。

関連するキーワード

kiyoha

キャバクラ・クラブ・ヘルス・デリ・ソープでの勤務経験があります。
ナイトワークをする上で、少しでも役に立つ情報を発信していければと思っています。
こんな時代だからこそ、たくさんお金を稼ぎたいですよね!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング