正直あるあるです

S着で自分の身を守りながら働く。
これは至極まっとうなことであり、性病の蔓延を少しでも防ぐという意味で社会にも迷惑をかけない行動です。

しかし、NSについて危機感を持たない、あるいは危機感はあるけど崖っぷちなためNSで稼げるだけ稼ぎたい!という考えのもと働く女性も多いです。

そんな子がいるだけで、S着の女の子は不利に感じますよね。
アホな客が多いので、生でヤラせてくれる子に流れるのが普通です。
せっかくS着店で働いているのに実質混合店になっているのであれば、なんのためにここにいるのかわからなくなります。

しかしこのルール違反って、むかーし昔からあることなのです。
お店がかなり厳しく取り締まらない限り、NSでサービスをして売り上げを上げようとする人は、いつの世にも絶対に存在するのです。

黙認する店も多い

S着のお店でNSでサービスしている子が紛れ込んでいる場合、多くのお店は黙認します。
だって、お店からすれば「自分の身を削って売り上げてくれてるんでしょ?いいじゃん!」という感じだからです。

でも、中には「トラブルの元!」ということでしっかりとNS嬢に対処しようというお店もあります。
ただ、客もメリットがあるから口を割らないケースもあり、NS嬢を突き止めることができず苦労しているお店もあるようです。

客にNSを要求されたら

NSの子がいるせいで迷惑なのが、他の子にもお願いすればNSをOKしてくれると勘違いした客が湧いてくるということです。

では、実際そういう客からNSを要求された場合の対応方法について考えましょう。

まずは、ノースキンがお店のルール違反であると説明しましょう。
あまりにしつこい場合は「じゃあお店に聞いてみるね」とコールしようとしたり、「お店が困ってて、誰がそういう交渉を持ち掛けているか調査しているらしいの!店に報告しなくちゃ!」と脅したりします。

そして加えて「でもなんで今回はその子に入ってあげないの?ルール違反までしたのにかわいそう!」と罪悪感を煽ります。
そうですよね、前の子に入っていれば、私も客も前に入った女の子もイヤな思いをしなくて良かったのですから…。

大体こんな感じで言えば黙ります。
もしキレてもお店にちゃんと筋が通った説明をすることができますしね。

最終的には移籍

しかし、現実として混合店になっているお店でNS嬢をあぶり出して罰することは難しいですし、お店が黙認しているような状況だと自分が変わるしかありません。

つまりそれは、”自分もNSになる”か”移籍する”かのどちらかです。
ただし、自分もNSになるのは論外ですから、移籍するという選択肢になることでしょう。
それが一番の解決方法です。

関連するキーワード

kiyoha

キャバクラ・クラブ・ヘルス・デリ・ソープでの勤務経験があります。
ナイトワークをする上で、少しでも役に立つ情報を発信していければと思っています。
こんな時代だからこそ、たくさんお金を稼ぎたいですよね!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング