風俗よりマシ?

キャバやラウンジなどで客の「ヤラせろ」攻撃に疲れ、でも収入は落としたくないから夜系で…という思考の末たどり着くのがメンエスです。

「性感マッサージではないメンエスは風俗のように完全なエロサービスはないし、マッサージさえ頑張っていればラクかも…?」と思われるかもしれません。

しかしながら、そう甘くはありません。
客としては、がっつりの風俗よりも安い金額で入ることができ、交渉次第でサービスが過剰になっていくのも、ゲーム感覚で面白がる奴が多いのが実情です。

メンエスは、思っているよりも求められるものが多く厳しいものなのです。。

若さ&容姿の良さを求められる

メンエスの売りといえば、”可愛くて若い女性がきわどいマッサージをしてくれる”というものです。

つまり、容姿が求められる仕事ですし、客もそれを目当てに来ますので、容姿がイマイチでも働けないことはないのですが、不利な立場となります。

キャバクラも容姿を求められる仕事ではありますが、しかしトークや愛嬌でカバーできるところもあります。
メンエスもそういった点がないわけではないですが、あくまで”カワイイ子がマッサージ”ということが大前提です。

エロなしは厳しいかも。。

メンエスというのは、エロい系のサービスは基本取り扱いません。

しかし、実質性感マッサージやらピンサロのようにいわば”なんでもアリ”状態になっているお店も多く存在します。

お店自体儲けのために容認している場合もあり、そういうお店ではハードなサービスをする子に人気が集まりますので、指名を取って稼ぐことが難しくなります。

本当にメンズエステで働きたいというのであれば、エステ業界の大手に就職するしかありませんが、「そうじゃなくて、なるべくエロいことは避けたいけど夜系のお店で…」となると、容姿や接客態度だけで指名が取れるハイパーモテ子さんくらいしかうまくいきません。

やはり指名を取るには風俗まがいのサービスを…となるのが自然な流れとなってしまいます。

体力的な問題あり

メンエスで働いたことがある人が意外にしんどいポイントとして挙げるのが、体力的問題です。

ガチガチに抜きで打っている女性は別として、基本は普通に疲れを取るマッサージが仕事のメインですから、当然体力を消耗します。
男性の固い大きな体をほぐすわけですから、それ相応の力もないといけません。

エステの経験があったりソープの隻脚で鍛えられていたりして体力がある女性の場合は別ですが、多くは体の疲労が辛く、結局ヘルスなどの風俗に鞍替えする人が多いのです。

建前と現実の差がある業種

メンエスと一口に謳っていても、そのサービス内容は客として入ってみるか実際に働いてみないとわからないものです。

本当に健全よりでセクシーな格好で鼠径部までのマッサージで終了、というお店もあれば「こんなん風俗やないか!」というお店まで様々です。

そんな業種であることを理解し、仕事探しをしてくださいね。

関連するまとめ

風俗で働ける?処女が風俗界で活躍する方法

風俗は大人の世界ですが、『お金を稼ぎたいので処女を守りながら働きたい』と言う人も少なからずいます。ここでは処…

つばさ / 153 view

風俗のDVD講習ってなに?どんなことするの?

近年では、風俗店はDVD講習が行われているところが多いです。 実技とは何が違うのか、どんなメリットがあるのか…

つばさ / 102 view

関連するキーワード

kiyoha

キャバクラ・クラブ・ヘルス・デリ・ソープでの勤務経験があります。
ナイトワークをする上で、少しでも役に立つ情報を発信していければと思っています。
こんな時代だからこそ、たくさんお金を稼ぎたいですよね!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング