風俗のことをよく知らない人は、「風俗の仕事なんてめちゃくちゃ儲かるんだから、無駄にいい家に住んでるんでしょw」という感じです。

実際はどうなのでしょうか?
風俗歴が長い私が周囲に色々話を聞いてきた実際のところをお話ししたいと思います!

家賃は10万以下にしている人が多い

風俗の仕事はつらいです。

「この仕事をしていなければ目も合わせていないだろうな」という人に愛想を良くして、各種気持ち悪い部分に目をつぶって接客しなければならず、ハッキリ言って昼職よりも相当しんどいです。

そういう仕事をしているからこそ派手な暮らしをしているのかというと、実際はそうではなく、質素です。

お金を稼ぐつらさを知っているからこそ無駄遣いをしたくない。
そして、
早く風俗の仕事を辞めたいから家賃は10万以内に抑える、という女性が多かったですね。

もちろん土地土地で家賃は変わりますが、極力無駄遣いをしないように注意している人がほとんどです。

外出しないから高めの家に住む人も

遊びに行くのが好きではなく、休日は家でゆっくりしている、という人は家賃の割合を高めていることもあります。

家賃を聞いてみると、車や駐車場つきで月20くらいという人が多かったですね。

自分の癒し空間にはお金をそれなりにかけたい、という気持ちはわかりますよね。

ただ、そういう人たちも家賃にはお金かけるけど、仕事上太れないし食費は抑えるとか、ホスクラは絶対行かないとか、稼いだ給料を無造作に垂れ流すような使い方はしていなかったですね。

賃貸が大多数

よくお金の勉強の本などを見ても、長い目で見ても家は購入よりも賃貸の方が安くつく、という意見を見ます。

私も、実家が雨漏りやらリフォームやらで都度100万くらいかけているのを見ていて、自分の所有物だから手を入れていかないといけないし大変だよな…と思って賃貸に住んでいました。

けれど、自分で計算してみると、家を買った方が同じ分支払ったら自分のものになるし、お得なような気がしてくるんですよねw
固定資産税とかの出費はありますが、住宅ローン組めば、毎月支払う家賃と同じくらいて一軒家買えたりしますしね。

もちろん、出稼ぎに行ったりフットワークが軽い人は賃貸の方がいいと思います!

あまり移動しない人は、ある程度の年齢になったら中古物件でも家を購入しておく方が良いかもしれません。
年を取ってから家賃を払っていくのが大変になるかもですからね!

関連するキーワード

kiyoha

キャバクラ・クラブ・ヘルス・デリ・ソープでの勤務経験があります。
ナイトワークをする上で、少しでも役に立つ情報を発信していければと思っています。
こんな時代だからこそ、たくさんお金を稼ぎたいですよね!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング