風俗のお仕事をしていると、ヘアスタイルがとても気になります。

攻めだけのプレイだったら良いのですが、受けの時には寝ることになり枕とのスレが気になりますし、お風呂に入ったり迂闊なお客様に触られたりして何かと崩れやすいです。

今回は、どんな髪型が仕事にてきしていて便利なのか?ということについて経験からお伝えしたいと思います!

ボブは地味に仕事に響くかも…

髪を乾かす手間もあるため、風俗の仕事をするには髪が出来るだけ短い方が実用的です。

しかし、ショートカットは色気に欠けるし…
ということで、間を取ってボブにしようと考える方もいるかもしれません。

でも、ボブはちょっとおすすめではありません。
というのも、少し前傾姿勢になると髪が前に垂れてきますし、短いためピンやゴムで留めるのも難しいです。

前に髪が垂れて来るとローションが付いたりすることもありますし、ボブは仕事に慣れてきてからの方が無難なのではと思っています。

お仕事感が気になる場合はダウンスタイル

ロングの場合、プレイ中はどうしても髪を結びたくなりますよね。
しかし、髪を結ぶのはお風呂の間だけという風にした方が良いかもしれません。

理由は、「普通の恋人感」が消えてしまうということです。

普通カップルは女性が下になることが多いということもありますが、髪はほどいてセックスをすることが多いかと思います。

風俗嬢の場合は、どうしても淡々としがちですし、そこへ髪を結んで「さあやりますか!」という感じにしてしまうと、ちょっと雰囲気がアレですよね…。

小さなことではありますが、邪魔とか巻きが取れるとかそういうことはおいておいて、雰囲気を作るということも考えた方が良い場合もあるかもしれません。

案外やりやすい髪型

私が扱いやすく好きでよくする髪型は、ロングのパーマヘアです。

デジタルパーマでゆる巻きしたような感じを作り、セットはワックスを使います。

そうすると、湿気を浴びてクシャッとしても案外ごまかせたりしますし、ゴムで結ぶ時にツインテール(もちろん耳より下で)にしてもストレートよりもおしゃれ感が出ます。

ツインテールだと、自分が寝る時も頭に当たらず気になりません。
ロングなので乾かす手間はありますが、ちょっとセットすると手抜き感が抑えられるのでおすすめです!

湿気が気になるならパウダー

&be「スムースパウダー」1,650円(税込)

夏場など、髪が湿気や油分でベタっとなるのが嫌な方は、パウダーを活用するとサラサラをキープすることができます!

一度使うとその快適さにハマる人が多いです。

コテ→ハードスプレー→コテもキープ力高し

髪は痛みますが、コテで巻いてからスプレーを多めにかけ、その後コテという流れでセットすると、ガチガチで崩れないセットが完了です。

もちろん、髪がスプレーで固くなるため触られるとバレますが、逆にバリバリに固めてあると、鈍いお客様でも「あ、セットが崩れるね」と言ってさわらなくなったりしますので、意外と使える技だったりします。

関連するキーワード

kiyoha

キャバクラ・クラブ・ヘルス・デリ・ソープでの勤務経験があります。
ナイトワークをする上で、少しでも役に立つ情報を発信していければと思っています。
こんな時代だからこそ、たくさんお金を稼ぎたいですよね!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング