みなさんは3Pなどの接客をしたことがありますか?
私は実はそこそこに経験があります。

いざ3Pのオーダーが入っても、ちゃんと接客できる姫ってどれくらいいるんだろう?
お店ってちゃんとトレーニングしているのだろうか…?

そう思ってググってみましたが、複数プレイの接客について多くを語ってくれているサイトって意外と無いんですよね。

そこで!
今回は私が経験した3Pのコツなどを書いてみたいと思います!

複数プレイってどんな内容?

風俗での複数プレイは、男1・女2ってのが多いと思いますが、たまに男2・女1ってのもあるみたいです。
ちなみに私は男2・女1の接客経験はありません。

複数プレイをジャンル分けすると、以下の3パターンが多いと思います。

●ハーレムプレイ
●姫同士のレズプレイを鑑賞
●見られるプレイ

いずれもお客さん視点の呼び方ですが、ハーレムプレイはその名の通りお客さんが姫をはべらせること、レズプレイもわかりますよね?

3つ目の見られるプレイというのは、例えば本指名の女の子との絡みを他の姫に見てもらう、というようなプレイです。
要は、“見る側”の姫を追加する、ということですね。
もちろん、本指名の姫を見る側にまわすこともあります。

私の複数プレイ経験~ヘルス編~

ヘルスであろうとソープであろうと長く働くためにハードプレイはしないようにしていました。
が、3Pなどの複数プレイについては、店を移動させられるような固定客がたくさん付いて余裕ができるまではOKにしていました。

始めての複数接客のお客さんは、売れっ子のホストでした。
いつも指名してるオキニはおらず、遊びに来た時は気分で女の子を数人つける、という感じでした。
私はその日第二の子として召喚されましたw

先に入っていた女の子はホストの腕に抱かれて、満足そうに胸にピッタリくっついていました。
私が入室すると、女の子は目だけで敵意を送ってきました。「私が第一夫人なんだからね!」とでも言いたいのか…。
でも、私にしても客が呼んだのですから、文句を言うことはできません。

まず名前を名乗ってから、ボーイに用意してもらったおしぼりをひざまずいて渡しました。
次回指名までを狙っていたワケではないのですが、複数接客が始めてだった故、どんな空気なのかわからなかったのです。
そこで掴みのため、ホストをマネておしぼりを渡しておふざけを入れてみよう、と思ったのです。

「おー!お前気が利くな!キャバ嬢か?いや、ホス狂いなのか!」と私の掴みをかなり気に入ってくれた様子です。
「両方ですね」と答えたら、「こっち来いよ!で、どこの店で金遣ってる?お前の仕事はどうなんだよ、ナンバー入りそうか?」と興味津々です。

というのも、ホストはたまに客を見つけるために風俗店を訪れることもあります。もしかしたら客にできるかも?と思ったのかもしれません。

とりあえずその場では、私がそのホストを独占してしまったような感じです。
私の腰を抱きながらDKばかりしています。
色かけようとしているのか?と思いながら、チラリと横を見るとポツンと手持無沙汰になった第一夫人が…。

DKの嵐を遮り、「あの3Pのプレイしたいんですけど…ねえ?めぐみちゃんも!」と手をグイと引っ張ってチンコに持っていきました。
するとホストは「お前仕事ちゃんとやるじゃん!自分のことだけ考えてないな!」と褒めてくれました。

やはり、複数プレイの場では抜きん出ようとするのではなく、他の女の子にも気を遣う素振りを見せた方が、何かとメリットが多そうだな。

とりあえずその日は忙しかったということもあり、女の子はめぐみちゃんと私の2人でした。

何の知識もなく複数プレイをはじめてやったので、それが逆によかったのかもしれません。
客に「どういうプレイがいいですか?」「ほかにやりたいことはないですか?」と聞きながら、手探りなりにも進めることができました。

その客は「お前らの好きにしてみろよ」と、アレコレ注文つけるタイプではありませんでしたので、とりあえず二人がかりで全身リップとか、交互にフェラとキスを繰り返す、みたいな感じでOKでした。

次回はソープでの経験と、複数プレイ成功のテクニックについてお話しします!

関連するまとめ

決まった時間しか会えないから!有効に使わなきゃソン!

風俗店って時間制。 しかもえっちなプレイもして、お話もしてってなるとうまく時間を使わないとあなたの印象は残り…

RiRi9 / 478 view

全ての男はマザコンです!おかんテクニックがあれば貴方も絶対ナンバーワン!

ナンバーワン嬢が知られたくない、ナンバーワンになるためのテクニックは「おかん」が最大のヒントだった!

★元風俗嬢トモコ★ / 1092 view

kiyoha

キャバクラ・クラブ・ヘルス・デリ・ソープでの勤務経験があります。
ナイトワークをする上で、少しでも役に立つ情報を発信していければと思っています。
こんな時代だからこそ、たくさんお金を稼ぎたいですよね!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング