「風俗で働くぞ~!」と思ったものの、「あ、忘れてたけどタトゥー入ってるんだった…。コレ大丈夫かな?」という方も多いかもしれません。

かくいう私もキャバ嬢時代にタトゥーを入れてしまい、足の甲に一つありました。
現在は鎖骨あたりにも増やして2か所ありますが、現役時代には鎖骨に入ってなくてよかったなと思いました。

風俗に興味を持ち始めた時に、足の甲であまり目につかないとはいえタトゥーを入れたことを少々後悔しましたが、消す気にもなれずにそのまま仕事を探すことにしました。

厳しいお店はタトゥーNG

高級店や店長がこだわりを持つお店は、タトゥーNGなこともあります。
実際、タトゥーがあるということで面接に受からなかったこともあります。

でも、デザインや大きさで店長やオーナーからOKが出ることもあります。

あまりに大きかったり、絵柄が激しい感じであると、雇ってもらえるお店の数はかなり減ると思ってもらって間違いありません。

腕全体とか広範囲にタトゥーが入っていたり、背中にカラフルな龍が!みたいな場合は、タトゥーが入った風俗嬢をウリにしているマニア向けのお店を探すしかなくなってしまいます。

お店にタトゥーの存在を隠すのはダメ

タトゥーが雇ってもらう上で不利になるからといって、面接時に隠すのはよくありません。

後でバレてから辞めさせられる可能性もありますし、ヒドイお店だとタトゥーが入っていることを申告しなかったとして給料を支払ってもらえないかもしれません。

タトゥーが入っていることは正直に告げなければいけません。

本気で稼ぎたいなら消すという選択肢もあり

目標があり、この先長く風俗で働いて少しでも多く稼ぎたいという場合は、初期投資だと思って消すのも一つです。

タトゥー除去には、レーザー・切除法・削皮法・植皮法などいろいろな治療法がありますが、どれもなかなか難しくリスクが伴います。
中でも、レーザーはまだまだ効果が低い治療法という位置づけです。
さっぱり消せるタトゥーはかなり一部ののもだけだと思ってください。

彫の深さや染料にもよりますが、お金をかけて痛い思いをして何度もレーザー照射したのにタトゥーは消えず、やけどの傷跡だけ残るといった最悪なケースも少なくありません。

もしそれでもレーザーで消したいというのであれば、“ピコレーザー”という機器を取り扱っているクリニックを探すようにしてくださいね。

客を持っていたらタトゥーあってもやっていける

私が高級店に移籍する時には、当然ですが前の店からかなり客を持っていきました。

面接時には、入店した後の見込みの売り上げを言って給料の交渉材料にし、実際その通りに売上げました。

タトゥーについても面接の時に言いました。
もちろん良い顔はしませんでしたが、お店からしたら売り上げが一番なのは当然なので、とりあえず目をつむってくれることになりました。

その後も大きく売り上げを落とすことはなかったので、タトゥーについては一切触れられたことはありません。

ただし、わざわざ知らせられないのでどれたけいるかはわかりませんが、新規客はそこそこの人数で失っていたと思います。

それくらいタトゥーは風俗の仕事に影響を及ぼすものですが、だからと言ってあったら絶対稼げないというものでもないのです。

自分にとって何が一番大切か、をしっかり考えてみてください。

【オマケ】かわいいタトゥーたち 次は何を入れようかな~♪

関連するまとめ

【風俗嬢さん向け雑学】日本の伝統的性文化&ストリップ技を学ぼう!

昔芸妓さんが行っていたような芸や、ストリッパーさんがショーでやる演技についてご紹介します!

kiyoha / 8149 view

風俗嬢の生理事情〜ピルのすすめ〜

風俗嬢でなくてもいまや日本でも妊娠を望まない女性の多くが服用しているピル。 日常的に服用する低容量ピルと、避…

kaoruko / 1799 view

関連するキーワード

kiyoha

キャバクラ・クラブ・ヘルス・デリ・ソープでの勤務経験があります。
ナイトワークをする上で、少しでも役に立つ情報を発信していければと思っています。
こんな時代だからこそ、たくさんお金を稼ぎたいですよね!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング