ローションとゼリーの違いを知らない姫さまも結構います。
まずはローションの種類について知っておきましょう!

ポリアクリル酸ナトリウム系

おそらく単に「ローション」といえばコレが用意されるであろうくらいポピュラーです。
ソープでのプレイにはこちらのタイプを使用することが多いですし、お笑い番組などでも使用されます。

水性で、水と馴染み粘り気を増す性質があります。
水を吸収する性質を利用して、紙おむつや生理ナプキンなどに使われています。

基本的に人体や物に影響を及ぼさないため、スキンなどのゴム製品と一緒に使用してOKです。

難点は、洗い流しにくいことです。
水を含むと粘り気を増すとご説明しましたが、肌の上でも同様で水をかけてこすってもなかなか落ちてくれません。

肌の上であればまだいいのですが、マンホールに入ってしまうと厄介です。
マンコの中に残ってしまい、そのまま長期間過ぎると雑菌が繁殖してしまう危険性もあります。

ポリアク系のローションを挿入の潤滑剤として使用するのはオススメできません。
頻繁に挿入などを行う姫さまなら尚更です。

グリセリン系(ゼリー)

“グリセリン”は、化粧水やクリームなどにも含まれる保湿剤です。
ポリアク系のように流しにくいわけではなく水に溶けますので、マンホールに入っても安心です。

つまり、姫さまがマンコを守るためにこっそりと仕込むものは、ローションではなくこちらのゼリーだということです。

ポリアク系ローションのようにネットリしておらず、比較的サラサラですのでニセ愛液だとバレにくいです。

オイルベース

昔は「ニキビの原因になる!」と言われ、スキンケア部門でも嫌われ者だったオイルですが、今は空前のオイルブームで、スキンケアからリップまで幅広く植物オイルが配合されています。

ローションにもオイルベースのものがあります。
どんなオイルであれ、スキンケア効果があるのでうれしいところですが、稀にアレルギーを起こしてしまう人もいますので、カサついたりかゆみを感じるなどの異変を感じたら使用をストップしてください。

また、オイルはゴム製品にダメージを与えますので、スキンに付けたりするのは破れる恐れがあります。

シリコンタイプ

オイルのようなサラッとしたテクスチャーでベタつきが少ないのに、うるおいが長続きします。

シリコーンはケミカルなスキンケアコスメやヘアケア用品には必ずといっていいほど含まれており、一応体に無害とされています。
(私たちがよく使うシリコンというのは正しくは“シリコーン”です。シリコンは元素なので、例えが悪いですが小麦粉みたいなもので、シリコーンが作られたパンに相当します。)

かなり乾きにくいため、アナルプレイなどにも使用できます。

でも、なんとなくですがマンコに仕込むにはグリセリンの方がイメージがいいですね。

関連するまとめ

知ってました?怒りのピークは6秒です

風俗嬢のメンタルヘルス対策。フェラで頭を押さえつけるお客にイラっとしないコツ等々。

★元風俗嬢トモコ★ / 1309 view

【風俗嬢の美容整形事情】風俗嬢の美の秘訣&美の保ち方

風俗嬢はどこもかしこも整形している?! いえいえ、そんなことはありません。 違和感ある整形顔は、キャバ嬢なら…

kiyoha / 3716 view

風俗嬢であることをごまかす時の仕事は何が良い?

親や彼氏に何の仕事をしてるって言えばいいの?!

kiyoha / 104 view

kiyoha

キャバクラ・クラブ・ヘルス・デリ・ソープでの勤務経験があります。
ナイトワークをする上で、少しでも役に立つ情報を発信していければと思っています。
こんな時代だからこそ、たくさんお金を稼ぎたいですよね!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング