「風俗なんて、女であれば誰でもできるっしょ?」と思い、いざ面接を受けると「今回はご縁がなかったということで…」と予想に反して即時断られ、「えええー!!?」となってしまう、なんてことは珍しくありません。

風俗のことをあまり知らない女性ほど、風俗を甘く見ており、面接に落ちるなんてことは考えないものです。

しかし、風俗業界もそう簡単ではありません。
「なんで風俗に?!」とおったまげる程にアイドル並に可愛い女性もバンバンいます。

「体を売ります」と言っているのに「いや、いいです」と断られるのは非常に恥ずかしく、女としてのプライドをくじかれますが、“それなりに商品はある。売れなさそうなものはわざわざ入荷しない”ということなのです。

面接に落ちるよくある理由

それでは、面接で落とされる原因として考えられるものをとりあえず列挙してみます。

●容姿が劣っていた。

●スタイルが良くなかった。

●面接態度が悪かった。

●お店のカラーと合わなかった。

●似たようなキャラ・ジャンルの女の子が既にお店にいた。

●友達とにこいちで面接を受けた。

●外見が派手すぎる。

●ベテラン感がすごかった。

●風俗のことを軽く見ている。

●元キャバ嬢で風俗を舐めているように見える。

●面接官との相性が悪かった。

ざっとこんな感じです。
では、この中で大切な項目について詳しく解説していきます!

お店は基本外見で判断する

『人は見た目が9割」なんて本が以前流行ったりしたこともありますが、人間は相手の外見を見て、その人間の性格までも決めつけてしまうという、恐ろしく視覚に支配された生き物です。

男女問わずそういう面はありますが、特に男性は左脳と右脳のつながりが女性に比べて乏しいため、性格などの内面の要素を“魅力”だと捉えにくいと言われています。

つまり、“見た目が良い=魅力的=性格が良い”と判断しやすい性質を持っています。

女性が、いつも「パッとしないヤツ」と思っていた男性が、ふと転びそうになったのを支えてくれ、「大丈夫?」と声をかけてもらった時「王子さまかも…!」と視界キラキラモードに入ってしまうという現象が大いにあるのに対し、男性はブスがやさしくしてくれても「オレのプリンセス!」とはならず「ブスのくせに関わってくんなよ」と思う可能性が高いです。

美女の悪い噂を聞いても「本当のあの子はそんな悪い子じゃないはず」と思い込むように出来ています。

女性から見たら「アホか」とあきれますが、脳ミソがそういう作りなのでしゃあないのですよね。

ですから、面接官が男性である場合は、「ブスだから売上げられないだろう」とか「オレの好みじゃねえしちゃんと接客もできなさそうだ」と根拠のない理由で落とす可能性も大いにあるのです。

もちろん、落とした相手にはそんなことは言いません。「今女の子いっぱいなんだよね」とか適当な言い訳をします。
でも、本当に女の子がたくさんいるから不合格なのであれば、面接のアポの時点で落としているはずです。

容姿は、採用不採用に本当に大きく影響します。
イヤな話ですが、もし面接で落ちまくるのならば、自分の外見を客観的に見直すことも必要になってきます。

何も整形しろ、ということではありません。
ダイエットしたり、メイク法や髪形を工夫するだけでもだいぶと違ってきます。

他人目線のアドバイスを素直に取り入れてみましょう。

関連するまとめ

デリヘル嬢がストレスに感じる事

どんなお仕事でもストレスはつきものだけど、デリヘル嬢ならではのストレスを感じるポイントをいくつかまとめてみま…

kaoruko / 2282 view

【OL・30歳以上】副業・アルバイトとして風俗で働きたい!

少しでも若いうちに稼いでおきたいという方必見! 風俗で割のいいバイトをして副収入を得たいという方は参考にして…

kiyoha / 609 view

体験入店で信用できるお店かどうか見分けるために

体験入店はどこのお店でもやっているシステムですが、ここでしっかりお店の中身をチェックすると安心して働けるとこ…

noa31 / 403 view

kiyoha

キャバクラ・クラブ・ヘルス・デリ・ソープでの勤務経験があります。
ナイトワークをする上で、少しでも役に立つ情報を発信していければと思っています。
こんな時代だからこそ、たくさんお金を稼ぎたいですよね!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング