売れない風俗嬢をたくさん見てきました。
そういう姫たちには、いくつか共通点がありました。

自分が現役の頃には、その共通した行動を自分が行っていないか、常にチェックしていました。

皆さまも、一度”売れない行動”をとってしまっていないか、チェックしてみてください!

人のせいにする

ま~要するに、メンタルが弱いってことです。
稼げない理由を自分の中に見つけるのがコワイから、人のせいにします。

「お店が繁盛していないから悪い」
「キモイ客ばっかだから悪い」
そんな感じです。

しかし、たまたま稼げるタイミングに入ると「稼げるのは私の実力!」となるから困りものです。
稼げない時は店のせいなのに、稼げると自分のおかげ。
自分に原因があると考えずに、すぐに周りのせいにする姫は稼げないし、嫌われます。

でも、そんな矛盾にも気づきません。
それに気付けるような頭であれば、すでに売上は上がっているハズです。

客のことを考えない

風俗嬢は、もれなく客のことがキライです。

でも、だからと言って客のことを考えずに接客しても、結局お金が入らず、この仕事をしている意味がなくなります。

客のことがうざいのはわかります。
でも、その客に接する仕事を選んだのは、他でもない自分です。

客が喜ぶツボを探す努力すらしない姫は、当然売れるはずがありません。
自分が女性専用風俗店に行ったとき、どんな対応をしてもらいたいか?
どんな人間だったら、リピしたいと感じるか?
おそらく、想像したことがないのでしょう。

それを想像するだけでも、指名を取れる確率が上がることは間違いありません。

人のアドバイスを聞かない

結果も出していないのに、店長などの言うことをまったく聞かない子、結構多いんです。

自分の中にコレ!と決めたものがあるのは悪いことではないと思いますが、その決めたものでいっている今、売上が悪いのであれば、他人から見た意見を聞いてみて、考え直すことも必要なんです。

でも、やたら頑固で「これがアタシのやり方だから!」と考え方を変えないんですよね、何故か。

そうやってアドバイスしてくれるのは、自分のことを考えてくれているということなのです。
ぜひ、自分では見えない点を指摘してくれる客観的な意見に耳を傾けるようにしましょう。

出勤をサボリがち

「風俗嬢は体調管理が大切!ムリしすぎはダメだよね!」と正論を言っているようで、単にサボリなだけの姫も多いです。

掛け持ちならが無理はよくありませんが、風俗が本業であれば、なるべく週4~5で働かなければなりません。
それが、社会人と言うもので当然のことなのです。

もちろん、とんでもない美女で愛想やテクも完璧で、出勤すれば予約で埋まるような姫は、週に2日しか働かなくてもよいですが、そうでない場合はやはり、出勤数が物を言います。

サボればサボるほど、稼ぎが悪くなり風俗卒業が遅くなってしまいます。
自分に言い訳しないで、集中して働くようにしましょう!

関連するキーワード

kiyoha

キャバクラ・クラブ・ヘルス・デリ・ソープでの勤務経験があります。
ナイトワークをする上で、少しでも役に立つ情報を発信していければと思っています。
こんな時代だからこそ、たくさんお金を稼ぎたいですよね!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング