前回はシャワーで客の体を洗うところまでをお伝えしました。

シャワーから出て体を拭く

まずは客の体を拭きます。
バスタオルで包むようにして水分を取ってから、首・肩・腕など目でしっかり確認しながら拭き取っていきます。
バスタオルによってはこすると肌への刺激になるので、ポンポンと軽くたたくような感じでタオルに水をしみこませていきます。
面倒ですが、太もも・ふくらはぎ・足を拭くと時にはひざまづいて拭くようにしてくださいね。

いちゃいちゃテクとしては、バスタオルで包むようにした時にぎゅっと抱きしめてあげたり、ひざまづいて足を拭く時についでにチンコに軽くチュッとする感じです。

部屋に戻ったら

部屋に戻ったら照明を少し落とし、客に室温はどうか確認しエアコンを調節します。
このタイミングで飲み物を出すお店もあるかもしれません。

客がソファに座ったならその隣に、ベッドに上がったら自分もベッドに上がって客の近くにいてください。

シャワーを浴びたせいで客が暑がっているなら少し待ってあげてもいいですが、ここで自分があまり一段落しすぎると客から触られて客主導の流れになりますので、自分から体を触ったりしてプレイに持ち込む方が無難です。

キスからはじめよう!

客とキスは極力したくない、その気持ちよ~くわかります。
でも、男って女以上にキスが好きなんですよね。

また違う機会に書こうと思っていますが、キスって生き物が性交する上でも重要なものなんですよね。
だから男はキスをしたがりますし、キスをすることによって男性器の勃起も促されます。

くちびるだけでなく、頬・おでこ・耳・首筋などにキスをしていきましょう。

キスをしっかりすると男は満足しやすいということもあり、指名を返したいならキスは外すことができない工程です。

全身リップ

首から鎖骨・肩と順に下におりていきながらキスをします。
ちゅっちゅと音を立てたり、くちびるを肌にほんの少しだけ触れるようにして移動したりしていきます。

首筋・鎖骨・肩など、顔に近い位置にキスをする時は、あまり唾液をたっぷり出さないようにした方がいいかもしれません。
唾液が乾くとツバくさくなることもありますので、唾液をつけるのは乳首くらいでも良いかもです。

詳しくは全身リップの記事を参考にしてください!

乳首は開発されていないならばくすぐったく感じる男性も多いですが、実は私たち女が思っている以上に乳首をいじられるのが好きなんです。
時間をかけて乳首の周りを舐めて焦らしてから乳首をペロンと舐めると、高確率であえぎますのでお試しあれ。

下半身に関しては、チンコに触れるまえにそけい部(太ももの付け根の部分)や、太ももの内側をチュッチュやるといいでしょう。
感度が高まってチンコに移った時に快感が高まります。

次はいよいよフェラチオです!

関連するキーワード

kiyoha

キャバクラ・クラブ・ヘルス・デリ・ソープでの勤務経験があります。
ナイトワークをする上で、少しでも役に立つ情報を発信していければと思っています。
こんな時代だからこそ、たくさんお金を稼ぎたいですよね!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング