どうしても飲まないといけない日、ありますよね。
そんな時に心配なのが、お酒を飲んだ後の頭痛です。

私もアルコールの分解が早いのか、二日酔いにはほぼならないのですが、接客中に頭痛に襲われ、会話もロクに入ってこない、ということが多々ありました。

帰ってからも寝付くまで頭がガンガンして、それはもうツライですよね。
この頭痛さえなかったらどんなに良いか…と思い、飲んではトイレで吐く、を繰り返していたこともありました。
胃に負担がかかりますので、なるべくやりたくないものです。

そこで今回は、お酒によるツライ頭痛をやわらげる方法をお伝えしたいと思います。

水分をたくさん摂る

例えば、お店のイベント日だったり、お酒を飲むのが好きな指名客が来るのがわかっているような日には、お店に入る前や同伴前になるべく水分を取っておく方が良いです。

お酒による頭痛が起こるメカニズムは、いくつか説があるようです。
お酒を飲んだ後に発生するアセトアルデヒドを体から追い出そうとして血管が膨張し、神経を圧迫するから。

アセトアルデヒドを分解するためには水分が必要で、水分を大量に使うことにより脳から水分が少なくなり、脳が縮むことにより痛みが発生する、などです。

どちらにせよ、お酒を飲むことによる有害物質を取り除くためには、水分が必要です。
体に、なるべく排出をスムーズにしてもらうために、水分を補給するのは間違いがないようです。

コーヒーを飲む

これ、現役の時に知っていたらなあ!と思いました。

お酒を飲んだ後って、コーヒーを飲みたくなりますよね。
それってもしかして、体が欲しているのかもしれません。

お酒を飲むと血管が膨張し、神経に触れて頭痛が起こると言われています。
血管が膨張してある程度血行が促進されるのは良いことだと思いますが、やはりガンガン頭痛がするほどであれは、抑えなければなりません。

血管を収縮させるには、カフェインが有効だそうです。
カフェインと言えば、コーヒーですね!

飲んでから即効で頭痛がなくなるのは難しいと思いますが、少しは和らげてくれるかもしれません。
水分補給の意味も込めて、コーヒーあるいは紅茶を飲むようにしましょう。

一説によれば、コーヒーよりも紅茶の方がカフェインの量が多いとも言われています。

ビタミンB2・マグネシウムサプリを飲んでおく

ビタミンB2やマグネシウムも、頭痛を軽減してくれる作用があると言われています。

食べ物から摂るのが一番良いですが、いちいち気にしてられないという方は、とりあえずサプリで補っておきましょう。

アルピタン

アルコールが原因の頭痛にも効く内服薬もあります!
二日酔にも効果があります。

漢方処方“五苓散”が、過剰な水分やアルコールの排出を助け、症状を楽にしてくれるそうです。

あまり薬に頼りたくはないと思いますが、どうしてもという時のために常備しておくのも良いかもですね。

関連するまとめ

風俗が友達バレするのはどんな時!?以外な3選

大丈夫だと思っても、風俗が友達にバレてしまうことがあります。意外なその理由をご紹介します。

つばさ / 24 view

えっそんなこと出来るの!?精液の味は変えられるんです!

精液を苦くするの原因はコレだった!

kiyoha / 1666 view

関連するキーワード

kiyoha

キャバクラ・クラブ・ヘルス・デリ・ソープでの勤務経験があります。
ナイトワークをする上で、少しでも役に立つ情報を発信していければと思っています。
こんな時代だからこそ、たくさんお金を稼ぎたいですよね!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング