「あの人それなりの年齢だな」と人が判断する要素として、”肌の美しさ”が非常に重要な位置を占めています。

若い頃は均一な肌色ですが、年を取ってくるとシミや肝斑などで色ムラが目立つようになります。
それが見る人に「老けている」と判断させているのです。

そこで今回は「キミ、30超えてるでしょ?もしかして40前?w」などと客に言わせないための、シミ対策についてご紹介したいと思います!

フォトRForレーザートーニング

私が通っている美容皮膚科のナースさんが教えてくれたのですが、月1でレーザーを受ける人は、やはり肌がキレイらしいです。

フォトRFや肝斑向けのレーザートーニングは、1回では劇的な変化はないものの、エステ代わりに受けると必ず周囲と差が付きます。

自宅でできる脱毛器兼フォトみたいなグッズもありますが、パワーが全然違うので、やはりクリニックに通うのが無難なようです。

ハイドロキノンクリーム

積極的に美白したいなら、”ハイドロキノン”という成分が含まれた美白アイテムを使うようにしてください。

肌を漂白する強いパワーがありますので、一般的に売られている美白化粧品よりも効果が見えやすいです。

ただし、肌に浸透しにくい性質があったり、濃度が高すぎるとアレルギー症状を起こしたりするため、できれば皮膚科で処方してもらう方が良いと思います。

通販でも買えます。
ユークロマクリームが有名です。

トマトを食べる

美白のために高い色々なサプリを飲むくらいならば、トマトを食べる方がよっぽど効果があるそうです!
肌がすごくキレイな女医さんが言っていました。

トマトには抗酸化力もあり老化防止にも良いですので、できるだけ食べるようにしたいですね!

私も手軽に食べられるプチトマトをよく買います♪

美白&サンケアおすすめアイテム

コスメに大きな力はないですが、それでも毎日コツコツ使えば状態が悪くなることは防げるのではないかと思います。

私が愛用しているものをご紹介します!

ルミキシルクリーム

ハイドロキノンの17倍の美白力と言われていますが、こちらはあくまでも”予防”ができるクリームで、漂白作用は強くありません。
「紫外線浴びたかな?」と思ったら、その日の夜はコレに決まり!

関連するキーワード

kiyoha

キャバクラ・クラブ・ヘルス・デリ・ソープでの勤務経験があります。
ナイトワークをする上で、少しでも役に立つ情報を発信していければと思っています。
こんな時代だからこそ、たくさんお金を稼ぎたいですよね!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング