笑顔は、客の心をつかむためにはとっても重要です。
笑顔を作るのがうまい女性は、キュートに見えます。

愛沢えみりさんも、「モデルの子は表情の作り方がかわいい」という風に言っていましたが、自分の表情を客観的に見直して、改善していくのも自分磨きには必要かもしれませんね。

でもまずは、笑顔です。
人に良い印象を与える今回は笑顔の技術をマスターしていきましょう!

目を細めて笑う

芸能人の場合は、目を細めずに笑う技術を身に着けます。
そうすると、宣材写真も美しく撮れますからね!

でも、私たちが日常で目を大きく開けたまま笑顔を作ると、それはそれで不自然になってしまいます。
芸能人の宣材写真のように、静止していませんからね。

私たちが「愛嬌があってかわいいな」と思われる笑顔を作るには、目を猫のように細めることです。
そうすれば、心の中で笑っていなくても、本当に楽しくてうれしそうに見えます。
「いつも楽しそうじゃないね」「愛想がないって言われない?」と言われてしまう方は、ぜひ意識してみてください。

マスクをよくしている整体師さんも、「目だけで笑えば良いから楽」と言っていましたがw
人は人の顔を見る時基本的に目を見ますから、目も笑っているように見せることが重要なのです。

口はイの形を意識

人に笑顔を印象付けるには、しっかりと口が笑っていることも重要です。

女的にはほうれい線やシワが気になるのであまり笑いたくはないところですが、やはり接客業はそういうわけにはいきませんからね^^;

口の笑う形というのは、”イ”と発音する時の形です。
オーバーに言えば、「イー!」と子供のケンカのような感じでしょうか。

そういうと大げさすぎるようにも思えますが、口は思いっきりイの形にする方が、逆に不自然さがないのです。
小さめに口をイにして笑うと逆に頬が引きつり、作り笑い感が強くなります。

目も口もオーバーなくらいに形を作るよう意識しましょう。

女優もやるういうい体操

口をイの形にして笑うといっても、顔の筋肉が固まっていたり足りない場合は、キレイなイになりません。

歯を閉じて笑った時にもキュッと口角が上がっていると美しいですし、口の周りの筋肉は鍛えておいて損はありません。
(ただし、オトガイ筋は梅干しジワになるのでボトックスでストップ!です。)

”ウ”と”イ”を交互に素早く「ウイウイウイウイ」と発音するトレーニングがありますが、オスカー剛力彩芽さんなどのオスカー事務所の女優さんも、売り出す前にこのトレーニングをして、より良い笑顔を作る努力をしたそうです。

朝晩30回ずつやるようにしましょう。

関連するキーワード

kiyoha

キャバクラ・クラブ・ヘルス・デリ・ソープでの勤務経験があります。
ナイトワークをする上で、少しでも役に立つ情報を発信していければと思っています。
こんな時代だからこそ、たくさんお金を稼ぎたいですよね!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング