ロングや貸切の予約が入った時、「どうやって時間をつぶそうか…」とアレコレ考えると思います。

そこでよく用いられるのがマッサージです。
体は使いますが、なによりしゃべらなくていいのでラクですよね。

でも「人にマッサージするのってイマイチどうやっていいかわからない」という方も多いのではないでしょうか?

実は、マッサージにテクニックは必要ないんです。

もちろん、お金をもらってマッサージを行う方々には勉強してもらわなければ困りますが、素人がする分にはやさしくナデナデしたり、凝っていそうなところをキュッキュと押せばOKなのです。

でも、本格的に時間をつぶそうとするならばそれなりに相手に「気持ちいい」と思ってもらわなければ間が持ちません。

そこで、「マッサージうまいね!」と言われるようなコツを詳しくお伝えしたいと思います。
以前柔道整復師(国家資格を持つ整体師)の人と付き合っていた時に教えてもらったので、十分使えると思います!

マッサージは背面を中心に

人間、疲れがたまるのは胸やお腹ではなく、首・背中・腰などの背面です。
したがって、マッサージは相手にうつ伏せになってもらうことが基本です。

手軽に行うならば、タオルを用意してください。
そのまま肌に触れるのではなく、インナーシャツなどを着てもらってその上からタオルを当てます。
タオルを使って動かしながらマッサージします。

●首の後ろ…タオル越しに親指をその他4本の指で掴むようにしてもみほぐします。

●肩…タオル越しにもんでもいいですが、垂直に押して圧をかけるようにします。筋肉は圧をかけるとゆるむ、という性質があります。

●背中…背骨に沿って、背骨の両外側を、両手の親指で上から下に少しずつ指をずらしながら押していきます。
これは鉄板で、ほとんどの方が気持ちいいと感じると思います。
腰まで進んでください。
こちらは押すという動作ですので、タオルがなくてもOKです。

●おしり…母指球(親指の付け根部分の盛り上がったところ)を使って上から下に押していきます。
押す部分は、おしりのほっぺの部分をなんとなく押す感じで大丈夫です。
手の向きは、自分から見て指先が体の外側に向くようにすると押しやすいです。

マッサージオイルはホホバ+イランイランがオススメ!

マッサージオイルを使うならば、ホホバオイルがイチオシです。

ホホバオイルは“オイル”と名がついていますが、実は液体状のワックスです。
ですので、他のオイルに比べて比較的ベタつきにくく、終わった後の処理も簡単です。

ホホバオイルは無印良品にありますので簡単に買えます。

もしホホバオイルに良い香りを付けたいならば、イランイランが良いかもしれません。

イラインイランは“セクシーな香り”として有名です。
マッサージ中ではなく、プレイする時に香らせておくと相手が勝手に盛り上がってくれ“エロい子”と印象付けられるかもしれません。部屋に香らせるには、ティッシュに1滴落としておきましょう。

花の香りがするオイルのことを“エッセンシャルオイル”と言いますが、こちらは原液をそのまま肌に付けることはできません。
ホホバなどのベースオイルに数滴混ぜて使います。

こちらも無印や生活の木というアロマテラピーのお店で購入できます。

関連するキーワード

kiyoha

キャバクラ・クラブ・ヘルス・デリ・ソープでの勤務経験があります。
ナイトワークをする上で、少しでも役に立つ情報を発信していければと思っています。
こんな時代だからこそ、たくさんお金を稼ぎたいですよね!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング